メンデルスゾーン(1809-1847)

人物・団体ページへ

CD

弦楽のための交響曲全集 コンチェルト・ケルン(3CD)

メンデルスゾーン(1809-1847)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPCS16201
組み枚数
:
3
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

メンデルスゾーン:弦楽のための交響曲全集(3CD)
コンチェルト・ケルン


メンデルスゾーンが12〜14歳の時の作品。オリジナル楽器の弦による鮮烈な響きで、これまでの作品イメージを一新させた名盤。(ワーナーミュージック・ジャパン)

【収録情報】
Disc1
メンデルスゾーン:
● シンフォニア第8番ニ長調(弦楽版)
● シンフォニア第9番ハ短調
● シンフォニア第10番ロ短調

Disc2
● シンフォニア第12番ト短調
● シンフォニア第1番ハ長調
● シンフォニア第7番ニ短調
● シンフォニア第4番ハ短調
● シンフォニア第6番変ホ長調

Disc3
● シンフォニア第11番ヘ長調
● シンフォニア第3番ホ短調
● シンフォニア第2番ニ長調
● シンフォニア第5番変ロ長調
● 交響的断章(シンフォニア第13番)ハ短調

 コンチェルト・ケルン

 録音時期:1994-1996年
 録音方式:ステレオ(デジタル)


【ワーナー・クラシックス『オリジナーレ』シリーズ】
バッハやモーツァルトの『時代の音』。
テルデック&エラートの貴重なオリジナル楽器録音、待望の再発売!
メジャー各社、古楽の専門レーベルを設立しており、中でもエラートとテルデックは最古参のレーベル。
約50年前よりテルデックでは、ピリオド楽器を用いた演奏の録音を開始しており、当時は“斬新なレーベル”として一世を風靡。
当時発売となった作品は廃盤となっている作品も数多く、この度人気作品を再発売!

● 仕様:CD
● オリジナル楽器による演奏を80タイトル厳選。
● すべて日本語解説付・声楽作品は歌詞対訳付。
● ジャケットは、できるだけオリジナルなものを使用。

【『古楽』について】
『古楽』(初期音楽/Early Music)は、古典派音楽よりも古い時代の音楽=中世、ルネッサンス、ごく初期のバロック音楽の総称(日本ではバロック音楽すべてが含まれる場合もある)。根強い、多くのファンをもっており、90年代には『癒しの音楽』として、グレー・ゾーンに至るまでファン層が広がっていた。
作曲された時代の楽器、演奏方法は、時代を経るにつれ変遷を遂げてきている。一方『古楽』ジャンルの録音は、19世紀から20世紀にかけて確立されたクラシック音楽の演奏様式ではなく、現代の楽器とは異なる当時の楽器で、音楽史研究に基づいて、作曲当時の演奏様式にのっとった演奏によるもの。今回の『オリジナーレ』選定にあたっては、奏法、楽器にポイントを置いて選定した。(ワーナーミュージック・ジャパン)

内容詳細

メンデルスゾーンが十代前半に書いた珠玉の交響曲。作曲者の指定どおりのテンポで、その速さが話題にもなったが、古楽の特有の音色を活かして豊かなニュアンスを出している。ハノーヴァー・バンドと双璧をなす名演だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
切れば血が吹き出してくるような激烈な演奏...

投稿日:2020/11/11 (水)

切れば血が吹き出してくるような激烈な演奏。全く新しい曲を聞いているような気分だ。神童メンデルスゾーンの才気に圧倒される。

ファウスト博士 さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
これらのシンフォニアはメンデルスゾーンが...

投稿日:2018/02/15 (木)

これらのシンフォニアはメンデルスゾーンがローティーンで書いたというが その時まだベートーヴェンは存命だった 彼の”第九”の後では誰も交響曲は書けなくなった シューベルトの20代はちょうどその時代で 多くの交響曲は試行錯誤を繰り返すばかりで完成に至っていない ようやく”大きなハ長調”を書き上げるが発表できないまま世を去る 10年後シューマンに発掘されメンデルスゾーンの指揮で初演されるまで遺室で眠ることになる メンデルスゾーンも13曲の弦楽による試行の後 管弦楽としての交響曲に取り組む そこからメンデルスゾーンの交響曲は数える習慣になっているから5曲となるが実際は18曲である たとえ弦楽合奏であっても前古典派の序曲との境が曖昧なシンフォニアの域に留まってはいない その優れた作品性をC.ケルンが表出している ピリオド楽器によるピリオド演奏なればこその生命が吹き込まれている 古びることのない名演奏を朋と共に聴きたい あなたも如何

風信子 さん | 茨城県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

メンデルスゾーン(1809-1847)

ドイツ・ロマン派の大作曲家、メンデルスゾーンの生涯は38年という短いものでした。現在のイメージでは、メンデルスゾーンは作曲家ですが、当時は指揮者・ピアニスト・オルガニストとしても非常に多忙だったようで、これに自ら設立した音楽院の運営や、同時代作品や過去作品の紹介といった数多くの仕事が加わり、さらには

プロフィール詳細へ

メンデルスゾーン(1809-1847)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品