メンデルスゾーン(1809-1847)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ヴァイオリン協奏曲集 ラドゥロヴィチ、プラハ室内管弦楽団

メンデルスゾーン(1809-1847)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TR159
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

人気急上昇のネマニャ・ラドゥロヴィチのメンデルスゾーン

ラドゥロヴィチの弾き振りによるメンデルスゾーン。甘く切ない音色が炸裂した有名な第2番の冒頭の巧さには脱帽のほかありません。プラハ室内管の丁寧な仕事ぶりも実にすばらしい! 第2楽章の歌は他では得難い繊細さ。終楽章の華やかで軽やかなフィナーレもラドゥロヴィチの天才の証明。(キングインターナショナル)

【収録情報】
メンデルスゾーン:
・ヴァイオリン協奏曲ニ短調 (1822) (第1番)
・ヴァイオリン協奏曲ホ短調 op.64(第2番)

 ネマニャ・ラドゥロヴィチ(ヴァイオリン)
 プラハ室内管弦楽団

 録音時期:2007年7月
 録音方式:デジタル(ライヴ)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

メンデルスゾーン(1809-1847)

ドイツ・ロマン派の大作曲家、メンデルスゾーンの生涯は38年という短いものでした。現在のイメージでは、メンデルスゾーンは作曲家ですが、当時は指揮者・ピアニスト・オルガニストとしても非常に多忙だったようで、これに自ら設立した音楽院の運営や、同時代作品や過去作品の紹介といった数多くの仕事が加わり、さらには

プロフィール詳細へ

メンデルスゾーン(1809-1847)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品