CD

ヴァイオリン協奏曲、他 吉田恭子、金聖響&オーケストラ・アンサンブル金沢

メンデルスゾーン(1809-1847)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPCS11405
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

吉田恭子〜メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲

金聖響&アンサンブル金沢オーケストラとの協奏作品の録音はこれが最初である、吉田恭子、若手実力派指揮者として将来が期待される金聖響、そして岩城宏之氏を音楽監督に迎え1988年の発足以来高い評価を受けているオーケストラ・アンサンブル金沢という新鮮な組み合わせによるCD。
 三者の素晴らしい才能、実力そして無限の可能性を存分に発揮した聴き応えのある内容です。情感溢れるロマン派の名曲、メンデルスゾーンVn協をストレートな音楽表現で聴く者の心に訴えかける吉田恭子のヴァイオリン、そして冷静な分析、時に繊細で微妙な表情を付けていく卓越した手腕を持つ金聖響の指揮で新鮮にかつ大胆に仕上げています。
 サラサーテ《ツィゴイネルワイゼン》では、民族色豊かな作品を独特なハーモニーを奏で、音色の多彩さが光る演奏です。彼女達が今後さらに、輝きを増し、新しい音楽の形を築いていってくれることを期待させるアルバムです。

内容詳細

2001年にヴァイオリン名曲集とビートルズ作品集の同時リリースで颯爽と登場した吉田が、今度はレコード会社を代えて王道中の王道をリリース。ダイナミックな力感や、ポルタメントの多用、スタッカート、弦を噛ませるアタックの強さ、等々が特徴的。(ま)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

メンデルスゾーン(1809-1847)

ドイツ・ロマン派の大作曲家、メンデルスゾーンの生涯は38年という短いものでした。現在のイメージでは、メンデルスゾーンは作曲家ですが、当時は指揮者・ピアニスト・オルガニストとしても非常に多忙だったようで、これに自ら設立した音楽院の運営や、同時代作品や過去作品の紹介といった数多くの仕事が加わり、さらには

プロフィール詳細へ

メンデルスゾーン(1809-1847)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品