メンデルスゾーン(1809-1847)

人物・団体ページへ

CD

メンデルスゾーン&ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲 ジャニーヌ・ヤンセン

メンデルスゾーン(1809-1847)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCD1178
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ジャニーヌ・ヤンセン/メンデルスゾーン&ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲

オランダ出身の美しき俊英、ヤンセン3枚目のアルバムは、ヴァイオリン作品の王道!
 昨今若い優秀な演奏家がたくさん輩出されておりますが、オランダ出身のヤンセンはとりわけそのめざましい活躍によって注目が集まりつつあります。28歳の若さですでにユトレヒト音楽祭を創設、巨匠マイスキーらの協力もえながら世界各地でめざましい活動を繰り広げています。アシュケナージやゲルギエフら数々の大物指揮者との共演でセンセーションを巻き起こしたヤンセンですが、今作ではシャイー率いるゲヴァントハウス管弦楽団というこの上ない強力なサポートとのレコーディングとなりました。
 ヴァイオリンの3大協奏曲のひとつと称される「メンコン」=メンデルスゾーンの協奏曲初演はゲヴァントハウス管弦楽団によって行われており、このゆかりのオーケストラの温かみのあるサウンドとの共演も聴き所のひとつでしょう。間に置かれた「ヴィオラのためのロマンツァ」では、ヴァイオリンからヴィオラに持ち替えての好演でこの意外な贈り物も聴き手には大変興味深い内容です。アーティストとの共演では特に定評のあるシャイーとの相性は抜群、伸びのあるしなやかな音色、朗々とした美しい響きを聴かせます。

・メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調 作品64
・ブルッフ:ヴィオラと管弦楽のためのロマンツェ 作品85
・ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調 作品26
 ジャニーヌ・ヤンセン(ヴァイオリン)
 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
 指揮:リッカルド・シャイー
 録音:2006年9月(デジタル)

内容詳細

ヤンセンが艶やかな音色で見事な演奏を繰り広げている。メンデルスゾーンでのロマンティックな表情やブルッフでのアグレッシヴな表現が素晴らしい。ヴィオラに持ち替えての「ロマンツェ」もよくヴィブラートがきいていて、とてもロマンティックだ。(治)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

メンデルスゾーン(1809-1847)

ドイツ・ロマン派の大作曲家、メンデルスゾーンの生涯は38年という短いものでした。現在のイメージでは、メンデルスゾーンは作曲家ですが、当時は指揮者・ピアニスト・オルガニストとしても非常に多忙だったようで、これに自ら設立した音楽院の運営や、同時代作品や過去作品の紹介といった数多くの仕事が加わり、さらには

プロフィール詳細へ