CD 輸入盤

ピアノ協奏曲第1番、第2番、華麗なカプリッチョ、他 R.シルマー、ヘルビヒ&ザールブリュッケン放送響

メンデルスゾーン(1809-1847)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BC0017752
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

メンデルスゾーン:
・ピアノ協奏曲第1番ト短調 Op.25
・華麗なカプリッチョ ロ短調 Op.22
・ピアノ協奏曲第2番ニ短調 Op.40
・セレナードとアレグロ・ジョコーソ Op.43
・ロンド・ブリランテ 変ホ長調 Op.29

 ラグナ・シルマー(ピアノ)
 ザールブリュッケン放送交響楽団
 ギュンター・ヘルビヒ(指揮)

 録音時期:2006年6月
 録音方式:デジタル(セッション)

収録曲   

  • 01. 1. Molto allegro con fuoco
  • 02. 2. Andante
  • 03. 3. Presto
  • 04. Konzertstr Klavier und Orchester h-moll op. 22 "Capriccio brillante"
  • 05. 1. Allegro appassionato
  • 06. 2. Adagio molto sostenuto
  • 07. 3. Finale: Presto scherzando
  • 08. Serenade und Allegro giocoso h-moll op. 43
  • 09. Rondo brilliant Es-Dur op. 29

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
これは見っけもんでした!!定価でも買う価...

投稿日:2018/01/02 (火)

これは見っけもんでした!!定価でも買う価値あると思います。  ジャケットだけでなくディスクにもシルマーの顔写真! このB級感がなんとも言えず嬉しいです。なんとなくテレビを観ていて無名のB級映画に思わず没入してしまったときの気持ちといえばいいでしょうか、FMのエアチェックでもしなきゃ手に入らない選曲も嬉しいんですが、気持ちよい音楽を気持ちよく演奏して気持ちよく聴かせてくれる、素晴らしい一枚に巡り会いました。  ガーディナーで「真夏の夜の夢」を聴いた後だからよけいにそう感じたのかも知れませんけど、「豪快」というと語弊がありますが、日本人だと小川典子のようなイメージでしょうか。難曲ではないにしてもテクニックは完璧だし、オーケストラも文句の付け所はありません。音質も上々。  ウェーバーの全集もだして欲しいですね。ぜひこのシルマーで聴いてみたいです。 いやぁ、とにかくサイコーでした。

TOCHIPAPA さん | 広島県 | 不明

1
★
★
★
★
★
とりわけ協奏曲の第2番はとんでもないくら...

投稿日:2008/06/06 (金)

とりわけ協奏曲の第2番はとんでもないくらいの名作だと思う。気楽に聴けるし 少なくとも今現在は、聴き飽きた?ヴァイオリン協奏曲よりも、こっちを好みます。 演奏も、5種類聴き比べた中では、このディスクが最高だった。

押好博多 さん | 福山 | 不明

3
★
★
★
★
☆
メンデルスゾーンの演奏は、彼の恵まれた生...

投稿日:2008/02/13 (水)

メンデルスゾーンの演奏は、彼の恵まれた生い立ちを意識してか? 貴公子系なイヤミを感じないではないアプローチが多い。現代に置き換えたら、リチャード・クレーダーマンみたいな位置づけなのだろうか? そんな中にあって、このschirmer/Herbig のディスクは,ロココの衣装を脱ぎ捨てた本来の美しさが醸し出る演奏。メンデルスゾーンとはコレほどまでに魂の吸引力の強い音楽を書いていたのか!と再発見がある。

ヒューブーン さん | 静岡県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

メンデルスゾーン(1809-1847)

ドイツ・ロマン派の大作曲家、メンデルスゾーンの生涯は38年という短いものでした。現在のイメージでは、メンデルスゾーンは作曲家ですが、当時は指揮者・ピアニスト・オルガニストとしても非常に多忙だったようで、これに自ら設立した音楽院の運営や、同時代作品や過去作品の紹介といった数多くの仕事が加わり、さらには

プロフィール詳細へ

メンデルスゾーン(1809-1847)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品