CD 輸入盤

【中古:盤質A】 弦楽四重奏曲全集、弦楽八重奏曲、弦楽五重奏曲第1番、第2番、4つの小品 マンデルリング四重奏団、クレモナ四重奏団、トイフェル(4CD)

メンデルスゾーン(1809-1847)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
ブックレット付き,4枚組み
コメント
:
BOXすれ
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
AU21436
レーベル
Germany
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)


メンデルスゾーン:弦楽四重奏曲全集、弦楽八重奏曲、弦楽五重奏曲集、他(4CD)
マンデルリング四重奏団、クレモナ四重奏団、トイフェル


ドイツのマンデルリング四重奏団が2011年から2012年にかけてセッション録音したメンデルスゾーンの弦楽のための室内楽曲全集がボックスで登場。
 豊富なレパートリーを持ち、長年に渡って精力的に活動しているマンデルリング四重奏団はメンデルスゾーンを得意としており、結成30周年を迎えた2013年のリサイタル・ツアーでもその作品を多くとりあげていました。
 マンデルリング四重奏団のアンサンブルは安定感抜群、激情の中にも決して冷静さを欠かない演奏と言え、豊富なキャリアを持つ名門の名にふさわしい演奏を聴かせてくれます。また、弦楽八重奏曲では、独アウディーテ・レーベルが誇るもうひとつのカルテット、クレモナ四重奏団と共演しており、そこでも入念なアンサンブルを聴かせています。
 アウディーテ・レーベルは自社録音ものについては、室内楽録音で実績を重ねていますが、ここでも自然で優れた録音により演奏の魅力を細部まで味わうことができます。(HMV)

【収録情報】
メンデルスゾーン:弦楽のための室内楽作品全集


Disc1 [76:12]
1. 弦楽四重奏曲第1番変ホ長調 Op.12
2. 弦楽四重奏曲第2番イ短調 Op.13
3. 弦楽四重奏曲変ホ長調 (1823)


Disc2 [76:32]
4. 弦楽四重奏曲第3番ニ長調 Op.44-1
5. 弦楽四重奏曲第4番ホ短調 Op.44-2
6. 弦楽四重奏曲第6番ヘ短調 Op.80


Disc3 [74:00]
7. 弦楽四重奏曲第5番変ホ長調 Op.44-3
8. 弦楽四重奏のための4つの小品 Op.81より(第1曲:アンダンテ ホ長調、第2曲:スケルツォ)
9. 弦楽八重奏曲変ホ長調 Op.20


Disc4 [69:28]
10. 弦楽五重奏曲第1番イ長調 Op.18
11. 弦楽五重奏曲第2番変ロ長調 Op.87
12. 弦楽四重奏の4つの小品 Op.81より(第3曲:カプリッチョ ホ短調、第4曲:フーガ 変ホ長調)


 マンデルリング四重奏団
  ゼバスティアン・シュミット(第1ヴァイオリン)
  ナネッテ・シュミット(第2ヴァイオリン)
  ローラント・グラッスル(ヴィオラ)
  ベルンハルト・シュミット(チェロ)

 クレモナ四重奏団(9)
  クリスティアーノ・グアルコ(ヴァイオリン)、パオロ・アンドレオーニ(ヴァイオリン)
  シモーネ・グラマーリャ(ヴィオラ)、ジョヴァンニ・スカリオーネ(チェロ)
 グンター・トイフェル(ヴィオラ:10,11)

 録音時期:2011年4月11-13日(1,2,10,11)、2011年11月21-22日(3,7)、2011年11月24日(4,5)、2012年4月23-26日(6,8,9,12)
 録音場所:クリンゲンミュンスター
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

メンデルスゾーン(1809-1847)

ドイツ・ロマン派の大作曲家、メンデルスゾーンの生涯は38年という短いものでした。現在のイメージでは、メンデルスゾーンは作曲家ですが、当時は指揮者・ピアニスト・オルガニストとしても非常に多忙だったようで、これに自ら設立した音楽院の運営や、同時代作品や過去作品の紹介といった数多くの仕事が加わり、さらには

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品