CD 輸入盤

【中古:盤質A】 メンデルスゾーン・マスターワークス(30CD)

メンデルスゾーン(1809-1847)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
BOX仕様,ブックレット付き
コメント
:
30CD
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
88697420722
レーベル
Rca
Europe
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

メンデスゾーン生誕200年記念
RCA,ARTENOVA,Vivarte,SONY音源による、30枚BOX。
お買い得価格のメンデルスゾーン作品選集

『DHM50CDBOX』『プッチーニ・オペラ全集』『バロック・マスターワークス』に続く、メンデルスゾーン生誕200年を記念したお買い得BOXの発売です。全集ではありませんが、ピリオド楽器演奏から、モダン楽器による名演奏、若手アーティストから往年の巨匠の演奏など、幅広い年代の演奏によって、メンデルスゾーンの主要曲収録。様々な時代や演奏者によってのメンデルスゾーンの音楽の解釈をお楽しみいただくこともできます。128ページの英語とドイツ語による解説付き。BOXの大きさは、13cmx13cmx13cm。重さ約1kg(BMG)
【収録情報】
Disc 1:
・弦楽のための交響曲第1番ハ長調
・弦楽のための交響曲第2番ニ長調
・弦楽のための交響曲第3番ホ短調
・弦楽のための交響曲第4番ハ短調
・弦楽のための交響曲第5番変ロ長調
・弦楽のための交響曲第6番変ホ長調
・弦楽のための交響曲第10番ロ短調
 ハノーヴァー・バンド(ピリオド楽器使用)
 ロイ・グッドマン(指揮)
 録音:1992〜1993年、ロンドン、ロスリン・ヒル教会(デジタル録音)

Disc 2:
・弦楽のための交響曲第7番ニ短調
・弦楽のための交響曲第8番ニ長調(管弦楽版)
・弦楽のための交響曲第12番ト短調
 ハノーヴァー・バンド(ピリオド楽器使用)
 ロイ・グッドマン(指揮)
 録音:1992〜1993年、ロンドン、ロスリン・ヒル教会(デジタル録音)

Disc 3:
・弦楽のための交響曲第9番ハ長調『スイス』
・弦楽のための交響曲第11番
・弦楽のための交響曲第13番ハ短調
 ハノーヴァー・バンド(ピリオド楽器使用)
 ロイ・グッドマン(指揮)
 録音:1992〜1993年、ロンドン、ロスリン・ヒル教会(デジタル録音)

Disc 4:
・交響曲第1番ハ短調Op.11
・交響曲第3番イ短調Op.56『スコットランド』
 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
 クルト・マズア(指揮)
 録音:1972〜1973年、ライプツィヒ平和教会

Disc 5:
・交響曲第2番変ロ長調Op.52『讃歌』
 ツェレスティーナ・カーサピエトラ(ソプラノ)
 アデーレ・シュトルテ(ソプラノ)
 ペーター・シュライヤー(テノール)
 ライプツィヒ放送合唱団
 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
 クルト・マズア(指揮)
 録音:1972〜1973年、ライプツィヒ平和教会

Disc 6:
・交響曲第4番イ長調Op.90『イタリア』
・交響曲第5番ニ短調Op.107『宗教改革』
 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
 クルト・マズア(指揮)
 録音:1972〜1973年、ライプツィヒ平和教会

Disc 7:
・『カマチョの結婚』序曲
・『夏の夜の夢』序曲
・序曲『静かな海と楽しい航海』
・序曲『ルイ・ブラス』
・劇音楽『アタリー』序曲
・序曲『フィンガルの洞窟』
・トランペット序曲
 バンベルク交響楽団
 クラウス・ペーター・フロール(指揮)
 録音:1987〜1988年バンベルク(デジタル録音)

Disc 8:
・ヴァイオリン協奏曲ホ短調 Op.64
 アイザック・スターン(ヴァイオリン)
 フィラデルフィア管弦楽団
 ユージン・オーマンディ(指揮)
 録音:1958年3月、フィラデルフィア

・ヴァイオリン協奏曲ニ短調
 竹澤恭子(ヴァイオリン)
 バンベルク交響楽団
 クラウス・ペーター・フロール(指揮)
 録音:1994年1月、バンベルク(デジタル録音)

Disc 9:
・2台のピアノのための協奏曲ホ長調
・2台のピアノのための協奏曲変イ長調
 アーサー・ゴールド(ピアノ)
 ロバート・フィッツデーレ(ピアノ)
 フィラデルフィア管弦楽団
 ユージン・オーマンディ(指揮)
 録音:1963年1月、フィラデルフィア

Disc 10:
・ピアノ協奏曲第1番 ト短調 Op.25
・ピアノ協奏曲第2番 ニ短調 Op.40
 マライ・ペライア(ピアノ)
 アカデミー・オヴ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ(アカデミー室内管弦楽団)
 ネヴィル・マリナー(指揮)
 録音:1974年8月ロンドン、CBSスタジオ

・華麗なるカプリッチョロ短調 Op.22
・華麗なるロンド 変ホ長調 Op.29
 アンドレイ・ピザレフ(ピアノ)
 ロシア・フィルハーモニー管弦楽団
 ザミュエル・フリードマン(指揮)
 録音:1996年10月、モスクワ放送スタジオ(デジタル録音)

Disc 11:
・劇音楽『夏の夜の夢』(全曲)
 アーリーン・サンダーズ(ソプラノ)
 ヘレン・ヴァンニ(メゾ・ソプラノ)
 インガ・スヴェンソン(語り)
 ボストン交響楽団
 エーリヒ・ラインスドルフ(指揮)
 録音:1962〜1963年、ボストン

Disc 12〜13:
・オラトリオ『聖パウロ』(全曲)
 ヘレン・クォン(ソプラノ)
 エルツビータ・アルダム(アルト)
 ハンス=ペーター・ブロホヴィッツ(テノール)
 ペーター・リカ(バス)
 南西ドイツ放送交響楽団
 ヨーロッパ合唱アカデミー
 ヨシャルド・ダウス(指揮)
 録音:1997年2月、ミュンヘン・フィルハーモニーでのライブ(デジタル録音)

Disc 14〜15:
・オラトリオ『エリヤ』(全曲)
 クリスティアン・ゲルハーヘル(バルトン)
 ナタリー・シュトゥッツマン(アルト)
 ジェームズ・テイラー(テノール)
 シビラ・ルーベンス(ソプラノ)
 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団&合唱団
 ヘルベルト・ブロムシュテット(指揮)
 録音:2003年10月31日&11月1日、ライプツィヒ、ゲヴァンントハウス大ホールでのライヴ(デジタル録音)

Disc 16:
・カンタータ『最初のワルプルギスの夜』Op.60(全曲)
 デオン・ファン・デル・ヴァルト(テノール)
 ヤドヴィガ・ラッペ(アルト)
 アントン・シャーリンガー(バルトン)
 マティアス・ヘレ(バス)
 バンベルク交響楽団
 クラウス・ペーター・フロール(指揮)
 録音:1997年1月、バンベルク(デジタル録音)

・12のメンデルスゾーンの歌曲集(ジークフリート・マトゥス編曲:管弦楽版)
 デオン・ファン・デル・ヴァルト(テノール)
 バンベルク交響楽団
 クラウス・ペーター・フロール(指揮)
 録音:1997年1月、バンベルク(デジタル録音)

Disc 17:
・詩篇第42番『鹿が谷の水を慕いあえぐように』Op.42
 ミュンヘン・オラトリオ合唱団
 アンドレアス・ハントケ(指揮)
 録音:1996年3月ミュンヘン(デジタル録音)

・6つの歌曲 Op.59
 ハルヴェステフーデ室内合唱団
 クラウス・バンツァー(指揮)
 録音:1996年ハンブルク(デジタル録音)

・わが祈りを聞きたまえ
 ケンブリッジ・トリニティー・カレッジ合唱団
 リチャード・マーロウ(指揮)
 録音:1993年3月ケンブリッジ(デジタル録音)

Disc 18:
・弦楽八重奏曲 変ホ長調 Op.20
 ロンドン・フェスティヴァル管弦楽団アンサンブル
 ロス・ポープル(指揮&Vc)
 録音:1996年5月ロンドン(デジタル録音)

・クラリネット・ソナタ 変ホ長調
 チャールズ・ナイディック(Cl)
 ロバート・レヴィン(フォルテ・ピアノ) (ピリオド楽器使用)
 録音:1993年5月オランダ(デジタル録音)

・歌の翼に Op.34-2
 ヤッシャ・ハイフェッツ(ヴァイオリン)
 エマニュエル・ベイ(ピアノ)
 録音:1949年4月ニューヨーク(モノラル録音)

・ヴェネツィアの舟歌第1 Op.19-6(J・ブリーム編曲)
・弦楽四重奏曲第12番より『カンツォネッタ』(J・ブリーム編曲)
 ジュリアン・ブリーム(ギター)
 録音:1970年5月ウィルトシア

Disc 19:
・弦楽五重奏曲第1番 イ長調 Op.18
・弦楽五重奏曲第2番 変ロ長調 Op.87』
 ラルキブデッリ(ピリオド楽器使用)
 ヴェラ・ベス(ヴァイオリン)
 ルシー・ファン・ダール(ヴァイオリン)
 ユルゲン・クスマウル(ヴィオラ)
 フース・ジューケンドゥルップ(ヴィオラ)
 アンナー・ビルスマ(チェロ)
 録音:1999年2月オランダ(デジタル録音)

Disc 20:
・弦楽四重奏曲第1番 変ホ長調 Op.12
・弦楽四重奏曲第6番 ヘ短調 Op.80
・弦楽四重奏曲 変ホ長調(1823)
 ヘンシェル・クァルテット
 録音:2001年12月、バイエルン放送スタジオ(デジタル録音)

Disc 21:
・弦楽四重奏曲第2番 イ短調 Op.13
・弦楽四重奏曲第5番 変ホ長調 Op.44-3
 ヘンシェル・クァルテット
 録音:2003年11月、バイエルン放送スタジオ(デジタル録音)

Disc 22:
・弦楽四重奏曲第3番 ニ長調 Op.44-1
・弦楽四重奏曲第4番 ホ短調 Op.44-2
・弦楽四重奏のための4つの小品Op.81
 ヘンシェル・クァルテット
 録音:2004年3月、バイエルン放送スタジオ(デジタル録音)

Disc 23:
・ピアノ三重奏曲第1番 ニ短調 Op.49
・ピアノ三重奏曲第2番 ハ短調 Op.66
 アイザック・スターン(ヴァイオリン)
 ユージン・イストミン(ピアノ)
 レナード・ローズ(チェロ)
 録音:1966年&1979年、ニューヨーク

Disc 24:
・協奏的変奏曲 ニ長調 Op.17
・チェロ・ソナタ 第1番 変ロ長調 Op.45
・アルバム・ブラッド ロ短調
・無言歌 ニ長調 Op.109
・チェロ・ソナタ 第2番 ニ長調 Op.45
 スティーヴン・イッサーリス(チェロ)
 メルヴィン・タン(フォルテ・ピアノ)
 録音:1994年1月、ロンドン、ブラック・ヒース・コンサートホール (デジタル録音)

Disc 25:
・ピアノ・ソナタ 第1番 ホ長調 Op.6
・前奏曲とフーガ Op.35-1
・厳格な変奏曲 ニ短調 Op.54
・ロンド・カプリチオーソ ホ長調 Op.14
 マライ・ペライア(ピアノ)
 録音:1981〜1982年、ニューヨーク

・ピアノ・ソナタ 第3番 変ロ長調 Op.106
 マティアス・キルシュネライト(ピアノ)
 録音: 2000年4月、ケルン(デジタル録音)

Disc 26:
・幻想曲 嬰ヘ短調『スコットランド風ソナタ』Op.28
 マティアス・キルシュネライト(ピアノ)
 録音: 2000年4月ケルン(デジタル録音)

・無言歌 第1番 ホ長調 Op.19-1
・無言歌 第2番 イ短調 Op.19-2
・無言歌 第38番 イ短調 Op.85-2
・無言歌 第41番 イ長調 Op.85-5
・無言歌 第9番 ホ長調 Op.30-3』
 グレン・グールド(ピアノ)
 録音: 1970年7月トロント

・無言歌 第45番 ハ長調 Op.102-3『タランテラ』
・無言歌 第18番 変イ長調 Op.38-6『デュエット』
・無言歌 第34番 ハ長調 Op.67-4『紡ぎ歌』
・カプリッチョ イ短調 Op.33-1
 アリシア・デ・ラローチャ(ピアノ)
 録音:1995年12月ニューヨーク(デジタル録音)

『無言歌 第25番 ト長調 Op.62-1『5月のそよ風』
 ルドルフ・ゼルキン(ピアノ)
 録音:1962年12月ニューヨーク

・無言歌 第40番 二長調 Op.85-4『エレジー』
・無言歌 第30番 イ長調 Op.62-6『春の歌』
・無言歌 第35番 ロ短調 Op.67-5『羊飼いの訴え』
 ウラディーミル・ホロヴィッツ(ピアノ)
 録音:1946年10月(モノラル録音)

・アンダンテと変奏曲 変ロ長調 Op.83a(4手のための)
・華麗なアレグロ イ長調 Op.92(4手のための)
 タール&グロートホイゼン(ピアノ・デュオ)
 録音:1991年4月(デジタル録音)

Disc 27:
・オルガン・ソナタ 第1番 Op.65-1
・トリオ ヘ長調(1844)
・オスティナート ハ短調(1823)
・オルガン・ソナタ 第2番 Op.65-2
・プレリュード ハ短調(1841)
・オルガン・ソナタ 第3番 Op.65-3
・フーガ ニ長調(1843)
・ポストリュード ニ長調(1831)
 ヨハネス・ブライヒャー(サン・ピエール=オ=リアン・ド・ビュル教会、歴史的モーザー・オルガン)
 録音:1999年7月(デジタル録音)

Disc 28:
・オルガン・ソナタ 第4番 Op.65-4
・主題と変奏 ニ長調(1844)
・オルガン・ソナタ 第5番 Op.65-5
・コラール前奏曲『全能の神のみわざは大いなるかな』
・アレグロ、コラールとフーガ ニ短調(1844)
・オルガン・ソナタ 第6番 Op.65-6
 ヨハネス・ブライヒャー(サン・ピエール=オ=リアン・ド・ビュル教会、歴史的モーザー・オルガン)
 録音:1999年7月(デジタル録音)

Disc 29:
・アレグロ 変ロ長調(1844)
・フーガ/トリオ ニ短調(1820)
・フーガ/トリオ ト短調(1820)
・フーガ/トリオ ニ短調(1820)
・行進曲風アンダンテ 変ロ長調(1845)
・アンダンテ・コン・モルト ト短調(1833)
・前奏曲 二短調(1820)
・幻想曲 ト短調(1823)
・フーガ イ長調(1828)
・アンダンテ ニ長調(1823)
・フーガ ホ短調(1839)
・フーガ ヘ短調(1839)
・アレグロ・モデラート・マエストーソ ハ長調
・3つの前奏曲とフーガOp.37
 ヨハネス・ブライヒャー(サン・ピエール=オ=リアン・ド・ビュル教会、歴史的モーザー・オルガン)
 録音:1999年7月(デジタル録音)

Disc 30:
・6つの二重唱 Op.63-1〜6
 アンゲリカ・キルヒシュラーガー(メゾ・ソプラノ)
 バーバラ・ボニー(ソプラノ)
 マルコム・マルティノー(ピアノ)
 録音:2004年8月、ベルリン・ドイツ放送スタジオ (デジタル録音)

・日曜の朝 Op77-1
・舟旅
・夕べの歌
・『ルイ・ブラス』からの歌Op.77-3
 パウル・アルミン・エーデルマン(バリトン)
 ペーター・エーデルマン(バリトン)
 フィリップ・モル(ピアノ)
 録音:2000年11月ベルリン、イエス・キリスト教会(デジタル録音)

・恋する女の手紙 Op.86-3
・夜ごとの夢に Op.86-4
・春の歌 Op.47-3
・葦の歌 Op.71-4
・ヴェネツィアのゴンドラの歌 Op.57-5
・月 Op.86-5
・ズライカ Op.34-4
・最初のすみれ Op.19a-2
・新しい愛 Op.19a-4
・ゆりかごのそばで Op.47-6
 ジュディス・ラスキン(ソプラノ)
 ジョージ・シック(ピアノ)
 録音:1965年、ニューヨーク

・旅の歌 Op.34-6
・朝の挨拶 Op.47-2
・歌の翼に Op.34-2
・挨拶 Op.19a-5
 クリストフ・プレガルディエン(テノール)
 アンドレアス・シュタイアー(フォルテ・ピアノ)
 録音:1993年ハム・マキシミリアンザール、ドイツ(デジタル録音)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
13
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
弦楽のための交響曲はメンデルスゾーンの若...

投稿日:2010/12/13 (月)

弦楽のための交響曲はメンデルスゾーンの若きころの作品で、その早熟さと溌剌とした美しい旋律を楽しませてくれる。演奏や録音も申し分ない。 マズアの指揮による交響曲全集は最高の演奏とは言えないが、作品の姿を示している。 クラウス・ペーター・フロール指揮の序曲集や「最初のワルプルギスの夜」、「12のメンデルスゾーンの歌曲集」はいい演奏で、録音の少ないものも多く貴重。自分は「12のメンデルスゾーンの歌曲集」が気に入っており、ジークフリート・マトゥスの編曲も作品の性格をうまく反映している。 協奏曲はメジャーなものに加えて録音の少ないものも収録している。演奏は全体的に良好で、名曲であるホ短調のヴァイオリン協奏曲はスターンの名演が収録されている。ペライアによるピアノ協奏曲も良い。 「夏の夜の夢」は途中に英語の解説が入っている特殊なものだが、演奏はなかなかである。 オラトリオ「聖パウロ」と「エリヤ」が全曲収録されているのもうれしい。これらでCD4枚分であり、自分はまだ聴き通せていない。 室内楽曲もいくつか収録されている。有名どころは名盤であるものが多く、録音の少ない貴重な演奏もある。 抜粋ではあるが無言歌もあり、グールドやラローチャ、ホロヴィッツなどの豪華な奏者による演奏だ。 その他のピアノ曲やオルガン曲、歌曲も、雑多な印象を受けるが多く入っている。 解説には、メンデルスゾーンについてや年表、各曲についての解説がある。英語の次にドイツ語の文章が載っており、もとドイツ語の解説を英訳したようだ。英語はそれほど難しい単語や文法が使われているわけではない。 この上ないコストパフォーマンスであり、決して悪くない演奏と録音。非常にありがたい。

CX900 さん | 石川県 | 不明

2
★
★
★
★
★
 弦楽のための交響曲の素晴らしさを感じる...

投稿日:2010/07/24 (土)

 弦楽のための交響曲の素晴らしさを感じることが出来ました。ありがとう。極めて良心的なボックスだと思います・

古関さん さん | 大分県 | 不明

0
★
★
★
★
★
“ピアノと弦楽のための協奏曲イ短調”が入...

投稿日:2009/12/27 (日)

“ピアノと弦楽のための協奏曲イ短調”が入っていないのが残念ですが、演奏者も全体的に申し分なく、良いセットだと思います。2009/12/24放送のメンデルスゾーン生誕200年記念番組で、山口智子さんの出ていた“時を旅し、時を奏でる”でも、このボックスからの曲が2/3以上使われていました。メンデルスゾ−ンは、沢山良い曲があるんですが、あまりCDが出ていないので、こういう企画は大歓迎です。

Taka さん | 北海道 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

メンデルスゾーン(1809-1847)

ドイツ・ロマン派の大作曲家、メンデルスゾーンの生涯は38年という短いものでした。現在のイメージでは、メンデルスゾーンは作曲家ですが、当時は指揮者・ピアニスト・オルガニストとしても非常に多忙だったようで、これに自ら設立した音楽院の運営や、同時代作品や過去作品の紹介といった数多くの仕事が加わり、さらには

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品