メンデルスゾーン(1809-1847)

人物・団体ページへ

SHM-CD

『真夏の夜の夢』 アンドレ・プレヴィン&ウィーン・フィル

メンデルスゾーン(1809-1847)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCD51036
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明

メンデルスゾーン:『真夏の夜の夢』
アンドレ・プレヴィン&ウィーン・フィル


ロンドン交響楽団を指揮した1976年盤に続き、プレヴィンにとっては2度目の録音となった『真夏の夜の夢』。最初の木管楽器の柔らかく軽やかな音色から、聴く者を幻想的な世界に誘う屈指の名盤。ハリウッド映画の作・編曲家であったプレヴィンならではの演出の巧さが光る一枚です。(メーカー資料より)

【収録情報】
● メンデルスゾーン:劇音楽『真夏の夜の夢』(序曲 op.21/劇音楽 op.61)


 エヴァ・リンド(ソプラノ)
 クリスティーン・ケアーンズ(メゾ・ソプラノ)
 ウィーン・ジュネス・コラール
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 アンドレ・プレヴィン(指揮)

 録音時期:1985年2月
 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

【デッカ ベスト100 premium】
アナログからデジタルまで、常に最先端の録音で名盤を生み出してきた名門レーベルによる最高のベスト100。
 世界を代表するクラシック・レーベルDECCAの名盤100タイトルシリーズが8年振りのリニューアル。カラヤン、小澤征爾、ショルティ、アシュケナージ、内田光子、村治佳織、ブレンデル、諏訪内晶子、パヴァロッティetc. レーベルを代表する往年の巨匠から現在活躍しているスターを惜しみなくラインナップ。
 現在最良のマスターを使用〜アナログ音源はオリジナル・マスターからDSD変換、さらにPCM176.4kHz/24bitマスターからHRカッティング、デジタル音源はルビジウム・クロック・カッティング。
 更に高音質SHM-CD。レーベル面カラーは、散乱光を吸収し音質向上に効果のあるグリーン・カラーを採用。
 オリジナル・カバー・イメージを極力再現したジャケット・デザイン。
 声楽作品は歌詞対訳付。(メーカー資料より)

内容詳細

プレヴィンにとって二度目の録音となるメンデルスゾーンの劇音楽「真夏の夜の夢」。VPOを率いたふくよかな響きと温かさが特徴で、この曲の牧歌的な雰囲気が見事に表現されている。プレヴィンのドラマ作りの巧さが光る一枚だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
プレヴィンが亡くなった。89歳なので仕方が...

投稿日:2019/03/04 (月)

プレヴィンが亡くなった。89歳なので仕方がないだろうが老け込むのが早かったな〜という印象だ。最近は90を超えてもバリバリの指揮者が多いので残念である。以前もこの「真夏の夜の夢」にレヴューしたが改めて追悼の意味をこめて聴いてみた。以前も書いたがまさに「夢」の中の世界だ。数あるプレヴィンの名盤でも飛び切りの名演はこれしかない。大巨匠になってマーラーやブルックナーの大曲を残すことはなかったがソフトで優しく上品なスタイルは多くのファンは決して忘れないであろう。

藤枝梅安 さん | 東京都 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

メンデルスゾーン(1809-1847)

ドイツ・ロマン派の大作曲家、メンデルスゾーンの生涯は38年という短いものでした。現在のイメージでは、メンデルスゾーンは作曲家ですが、当時は指揮者・ピアニスト・オルガニストとしても非常に多忙だったようで、これに自ら設立した音楽院の運営や、同時代作品や過去作品の紹介といった数多くの仕事が加わり、さらには

プロフィール詳細へ

メンデルスゾーン(1809-1847)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品