CD

Pictures At An Exhibition: Fedoseyev / Moscow Rso +b.tchaikovsky

ムソルグスキー(1839-1881)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PCCL00206
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

フェドセーエフ3度目の「展覧会」は、もちろんラヴェルの編曲によるものだが、若干の変更も加えられている。音色はこの版とは思えぬほどくすんでおり、粘り気のあるフレージングがこの曲の「本籍」を明かしている。オーケストラは大変に好調である。(教)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
「展覧会の絵」は誠実な演奏ではありますが...

投稿日:2011/07/07 (木)

「展覧会の絵」は誠実な演奏ではありますが、「遊び」の部分がないために聴いていて面白くありませんでした。

ヒデ さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
 フェドセーエフ3度目の「展覧会の絵」で...

投稿日:2010/08/08 (日)

 フェドセーエフ3度目の「展覧会の絵」ですが、録音を重ねるごとに響きも表現も野暮ったく、重たくなっている気がします。 同じ野暮ったいにしても、70年代の録音はキラッと光る閃きやテンポ設定の面白さを感じましたし、80年代の録音では珍しく輝きを感じる部分もありました。 ところが90年代のこの録音では、そういった感覚を全く感じなかったのです。 私自身のマンネリ化もあるとは思いますが、もうちょっとベテランのウデに期待をしたのですが・・・。 このCDではむしろカップリングされたボリス・チャイコフスキーの「テーマと8つの変奏曲」が面白かったです。 委嘱元のドレスデン・シュターツカペレのイメージとは何となく合わないのですが、イメージを無視して純粋に変奏曲として聞くと結構聴けますよ。 この変奏曲はお勧めです。

Mr. じじー さん | 愛知県 | 不明

1
★
★
★
☆
☆
なかなか馬力のある「展覧会の絵」であるが...

投稿日:2008/07/10 (木)

なかなか馬力のある「展覧会の絵」であるが、ゆっくり進めている為か少し一本調子の 傾向なきにしもあらずです。 私の買ったCDにはこの曲以外にハチャトリアンの「仮面舞踏会」等が入っておりこれは 個人的には気に入りました。 残るスペースにはシベリウスのやはりスローペースの「フィンランディア」が詰め込まれていますがこれは違和感が あると思います。しかしこれなどは大した問題ではなくメーンのムソルグスキーで勝負となると「OK」以上でしょう。

一人のクラシックオールドファン さん | 芦屋 | 不明

0

ムソルグスキー(1839-1881)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品