ミヒル、ヨーゼフ・クリスティアン・ヴィリバルト(1745-1816)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ファゴットと弦楽のための四重奏曲第1番〜第6番 ベン・ホードリー、ホール弦楽三重奏団

ミヒル、ヨーゼフ・クリスティアン・ヴィリバルト(1745-1816)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8574054
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ミヒル: ファゴットと弦楽のための四重奏曲 第1番 - 第6番(1780頃-1816)

ファゴット、2つのヴァイオリンとチェロのための四重奏曲第1番 ヘ長調
1.第1楽章 Allegro non tanto
2.第2楽章 Andante moderato
3.第3楽章 Rondaeu: Allegretto

ファゴット、2つのヴァイオリンとチェロのための四重奏曲第2番 ハ長調
4.第1楽章 Allegro
5.第2楽章 Larghetto grazioso
6.第3楽章 Tempo di menuetto

ファゴット、2つのヴァイオリンとチェロのための四重奏曲第3番 変ホ長調
7.第1楽章 Adagio - Allegro
8.第2楽章 Rondo: Allegro non troppo

ファゴット、2つのヴァイオリンとチェロのための四重奏曲第4番 ト長調
9.第1楽章 Allegro moderato
10.第2楽章 Adagio
11.第3楽章 Rondo: Allegro non tanto

ファゴット、2つのヴァイオリンとチェロのための四重奏曲第5番 変ロ長調
12.第1楽章 Allegro
13.第2楽章 Romanze: Largo
14.第3楽章 Allegro

ファゴット、2つのヴァイオリンとチェロのための四重奏曲第6番 ヘ長調
15.第1楽章 Allegro
16.第2楽章 Andante moderato
17.第3楽章 Rondeau: Allegro

世界初録音

ベン・ホードリー (ファゴット)
ホール弦楽三重奏団
【メンバー】
ララ・ホール(第1ヴァイオリン)
アマリア・ホール(第2ヴァイオリン)
カルム・ホール(チェロ)

録音 2016年9月20-22日
Dr John Gallagher Concert Chamber,
University of Waikato, Hamilton, New Zealand

ミヒルは音楽一家に生まれ、若い頃から優れた音楽家として活躍、とりわけ宗教曲と歌劇で大成功を収めた作曲家です。彼は1771年から1778年までミュンヘンの聖ミカエル・イエズス教会のコントラバス奏者を務め、その後教区の音楽家に就任。この頃ミュンヘンを訪れた「音楽紀行」で知られるイギリスの音楽学者チャールズ・バーニーがミヒルの作品を「これまで彼以上の天才を聴いたことがない」と大絶賛したという記録が残っています。彼はファゴットの音色を愛していたようで、数多くのファゴットを含む作品が遺されており、どれも洗練された美しさをもっています。このアルバムに収録された四重奏曲もレオポルド・モーツァルトの作品を思わせる活力に溢れています。(輸入元情報)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品