CD 輸入盤

Sym.9: Ancerl / Czech.po

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SU1954
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ノイマン盤を聴いてワルターもバーンスタインもカラヤンは勿論...

投稿日:2014/06/07 (土)

ノイマン盤を聴いてワルターもバーンスタインもカラヤンは勿論その他諸々を既に超えていました。しかしどうでしよう、アンチェル盤でそれをも超えてしまいました。レビュアーの皆さんのコメントを見て購入し、聴きました。感動です。チェコの指揮者は本当に素晴らしいですね。チェコフィルも最高です。この年代にしては録音も素晴らしく申し分ありません。終楽章の生への憧憬、悲哀、惜別、諦観、等が誇張もなく、アンチェル自身の人生と重なってる様に聴かされます。私の主観ですが、ある意味それなりの年代にこそ感動出きるマーラーではないでしょうか。

やまちゃん さん | 兵庫県 | 不明

1
★
★
★
★
★
名盤ひしめく9番の中で、私が一番手にする...

投稿日:2010/04/12 (月)

名盤ひしめく9番の中で、私が一番手にすることの多い演奏である。 ここには、アンチェル&チェコ・フィルの最上級の音が凝縮されている。 このCDを一度聴いてしまうと、他の演奏が色褪せてしまう。

音楽遊人 さん | 千葉県 | 不明

2
★
★
★
★
★
5年ぶり、2回目の投稿。 数年ぶりに聴き...

投稿日:2009/12/10 (木)

5年ぶり、2回目の投稿。 数年ぶりに聴きなおしたが、これは名盤だ!!。 ビブラートを効かしたホルンの演奏も巧くて大変魅力。 アンチェルの最高傑作ではなかろうか? もっともっと多くの人に聴かれるべだし、評価して欲しい傑作。

guinness さん | 神奈川県 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品