CD

Sym.2: Neumann / Czech.po (1992)

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PCCL00190
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

とても速いテンポの「復活」(特に第1,2楽章)。表現は、穏健で、見得をきることも避けられている。マーラー・ファンには、少し物足りないかもしれない。ただし、チェコ・フィルの音色が美しく、マーラーにふさわしい響きをつくり出している。(治)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
素晴らし過ぎて言葉がでません。非常に瑞々...

投稿日:2008/05/23 (金)

素晴らし過ぎて言葉がでません。非常に瑞々しい「復活」でロマンチシズムに溢れています。弦一本一本が振るえ音色を奏でるありさまと金管が遠くで轟く遠近感が何とも言えず、CDでは味わえない臨場感があります。アルト独唱も眼前で謳っているようです。ノイマン・チェコフィル旧録の4chマスターって1,2,5番以外ないのでしょうかねぇ?6番が聞きたいです。

コーキロマンハ さん | 神戸市 | 不明

0
★
★
★
★
★
表現過多な演奏が多い中 この2番はおとな...

投稿日:2007/11/18 (日)

表現過多な演奏が多い中 この2番はおとなしい部類の演奏です。 しかし聴けばきくほど多くのものを訴えかけてくる演奏です。オケはいつものとうり細部まできちんと丁寧に演奏されておりやはりノイマン様 天晴れです。

タンノイおやじ さん | 東京 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品