CD 輸入盤

交響曲第9番 ヘルベルト・ブロムシュテット&バンベルク交響楽団(2CD)

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ACC30477CD
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ブロムシュテット&バンベルク響、2018年録音のマーラー9番
情念的な音楽とは一線を画す格調高い演奏!


バンベルク交響楽団の名誉指揮者、ヘルベルト・ブロムシュテット。両者が2017/18年シーズンの終わりに行ったコンサートのライヴ録音が発売されます。曲目はマーラーの最高傑作である第9交響曲です。
 ブルックナーを得意とするブロムシュテットですが、マーラーに関しては、サンフランシスコ響との第2番(1992年)、N響との第5番(1985年)、第4番(2001年)の録音、そして近年実演では、N響と2018年に『巨人』、2010年には第9番を演奏し好評を博しています。
 マーラーは、交響曲第9番を1909年の夏の間に書き上げ(1910年春、浄書完成)、自らが完成させた最後の交響曲となりました。初演はマーラーの死から一年後、ブルーノ・ワルター指揮、ウィーン・フィルの演奏で行われました。
 ブロムシュテットの演奏は、この作品でよく言われる「死を目前とした悲痛な叫び」というような情念的な音楽ではなく、細部をおろそかにすることのなく透明感あふれる瑞々しい響きで、格調高い演奏となっています。マーラーは「伝統とは火を守ることで、灰を崇拝することではない」という言葉を残しましたが、まさに本演奏はマーラーの音楽がもつ様々な種類の「火」を象徴して我々に提示しているようです。ブロムシュテットとバンベルク交響楽団は、1982年に初登壇してから40年近く良い関係を続けています。同団は、第2次世界大戦後ドイツへ亡命した「プラハ・ドイツ・フィルハーモニー」のメンバーがバイエルン州のバンベルクに移住して、1946年3月に結成。当初の名称は「バンベルク・トーンキュンストラー管弦楽団」でしたが、3か月後には「バンベルク交響楽団」と改称、以後、70年以上に渡って同じ名前で活動を継続しています。(写真c Andreas Herzau)(輸入元情報)


【収録情報】
● マーラー:交響曲第9番ニ長調
(I. 29:27/ II. 16:26/ III. 13:09/ IV. 24:26)

 バンベルク交響楽団
 ヘルベルト・ブロムシュテット(指揮)

 録音時期:2018年6月
 録音場所:バンベルク・コンサート・コングレス・ホール、ヨゼフ・カイルベルト・ザール
 録音時期:ステレオ(デジタル/ライヴ)

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
とんでもない名演。とは言っても、なにか特...

投稿日:2019/07/11 (木)

とんでもない名演。とは言っても、なにか特徴があるわけではないが、「なにもやってないのに引き込まれていく」のは、ブロムシュテットさんのいつものやり方。誰でもできそうで、決して出来ない。 また、このオーケストラの、優しくて暖かい音色。2013年、2017年とこのコンビで来日してくれた時もベートーヴェンやブルックナーで堪能させてくれたが、マーラーにここまで合うとは。指揮者とオーケストラがお互いに信頼し尊敬しながら演奏していったのがついこないだったかのように思い出す。まあ、それはバンベルクだけでなく、チェコフィルも、ライプツィヒも、サンフランシスコも、そしてN響でも、強く感じたけど。 今日いまここに書いてるのは、7/11、ブロムシュテットさんの92歳の誕生日。happy birthday、これからも素晴らしい音楽を。

電車 さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
☆
☆
まだ1回スピーカーからやや抑えめの音量で...

投稿日:2019/07/05 (金)

まだ1回スピーカーからやや抑えめの音量でしか聴いていないですが、その条件での感想です。 ブロムシュテットの作り出す音楽の流れは、細部を大切にしつつ独特のリズム感に基づいたいつも通りのものだと思います。 ただ、それを支ええる音が薄い感じがして(聴いた音量が小さいせいか)、マーラーに期待したい重厚な音の深み的なものには欠ける印象でした。 1990年代にブロムシュテットがN響を指揮したときの演奏程の良さは残念ながら感じませんでした。

murr さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
特に金管楽器に昔のドイツに多かった音色を...

投稿日:2019/07/02 (火)

特に金管楽器に昔のドイツに多かった音色を聴き取ることができます。すこーんと前に突き出てくる迫力たっぷりの音ですが、弦や木管と融け合わず、暗くて固い音です。節回しも田舎っぽい。トロンボーンが抜けが悪く引っ込み気味なのも昔のドイツオケっぽくて変な意味で感心(2018年!)。木管も暗くくすんだ音色です。昔のローカルな味を求める向きには良いですが、個人的には好みではないです。同じ固い音でもシカゴ響のように抜けが良く、なおかつ弦も木管も含めた全楽器に統一感があると好きなのですが…このオケの場合管楽器を支える弦に強靭さが足りないのが難点。少し物足りないと感じました。1楽章はもう少しテンポを速めに進めばあまり欠点を感じずに済んだかもしれないですが旋律をこねくり回すような節回しが気になりました。何せポリフォニーなのでただでさえ多い情報量に余計に情報を増やしすぎるとごちゃごちゃして聴こえます。そして金管楽器が響きを壊し気味かと。2楽章のテンポ運びは妙にいじることもなく極端なコントラストをつけることもなく丁寧に処理しており、錯綜する3種のテンポを適切な速度(普通、少し早い、少し遅い)で見通しよくまとめ上げていて清潔感を感じたために好印象でした。3楽章も丁寧なテンポ運びで音一つ一つを噛みしめるように進行します。穏当な表現だと言っても良いですが、1、2楽章共にこんな感じの路線であったためさすがに連続されるとダレました…コントラストがこの曲の命だと思うので…とはいえ、ノーブルな演奏が持ち味のブロムシュテット さんなので、このようになるのは当たり前ではあるのでしょうが、にしたってこの路線ならもっとしっくりくる音のオケがあった気がします。沢山のオケと信頼関係を築いてきたブロムシュテット さんですからなおのことそう感じました、がしかし…4楽章は冒頭から驚き!ルバートかけまくりのほとんどの演奏とは違い、しっかりと楽譜が見えます。この演奏以外に楽譜を感じさせてくれたのはマゼールとウィーンフィルの演奏など数少なく、これは貴重。そして最後になってようやくこじんまりとしてくすんだ音色の弦楽器がピッタリな時間がやってきました!テンポも遅すぎず4拍子を感じさせ適切、これまでが嘘のようにオケに融けこむ金管楽器。この楽章にきて大化けしました。素晴らしいの一言。1〜3楽章は穏当で4楽章化けるとはバルビローリを思い出しました笑 さて、長文でしたが、4楽章を除きバンベルク交響楽団だとこの曲の演奏ではミスマッチと感じたため星の数も穏当?に済ませようと思います。それにしても4楽章はこの曲の全ディスク中でも指折りかも。

ロールパン さん | 広島県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品