LPレコード 輸入盤

交響曲第9番:ジョン・バルビローリ指揮&ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (2枚組/180グラム重量盤レコード/Warner Classics)

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9029554257
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明

バルビローリとベルリン・フィル、これこそ一期一会の名盤です。名指揮者と名オーケストラが出会うとこれほどまでの凄い演奏が展開されるということを実証しているのが、この録音です。ライヴでの共演がきっかけで生まれた、僥倖ともいえる名盤で、両者の音楽への意思が作品をさらなる高みに引き上げています。また、ベルリン・フィルにとって初の「マーラー:交響曲第9番」の録音でもありました。この名盤が、180gアナログLP盤として、数量限定生産盤として復刻致します。

【収録内容】
グスタフ・マーラー :交響曲第9番ニ長調
《SideA》第1楽章:アンダンテ・コモド
《SideB》第2楽章:緩やかなレントラー風のテンポで(いくぶん歩くように、そして、きわめて粗野に)
《SideC》第3楽章:ロンド=ブルレスケ(アレグロ・アッサイ、きわめて反抗的に)
《SideD》第4楽章:アダージョ(非常にゆっくりと、抑えて)

【演奏】
ジョン・バルビローリ (指揮) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

【録音】1964年1月10-11, 14, 18日、ベルリン、イエス=キリスト教会

【使用音源】2011年オリジナル・マスターテープよりアビイ・ロード・スタジオによる24bit/96kHzリマスター音源

(メーカー・インフォメーションより)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
40
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
初めて買ったマーラーの9番がこのバルビロ...

投稿日:2017/10/10 (火)

初めて買ったマーラーの9番がこのバルビローリでした。折に触れては聴きます。今はsacdで聴いています。しみじみと聴くには今でも最高の一枚だと思っています。

慎吉。 さん | 三重県 | 不明

1
★
★
★
★
★
もはや伝説的な名盤。バルビローリ独特の粘...

投稿日:2014/04/04 (金)

もはや伝説的な名盤。バルビローリ独特の粘っこく歌うマーラー。ベルリンフィルの分厚い弦の響きがことのほか美しい。バルビローリは全身全霊を傾け熱く耽美的なマーラーを響かせる。この濃密で巨大な音の伽藍を仰ぎ見て、私は圧倒され続けてきたのだ。これほど熱くたぎった情熱のほとばしるマーラーがあろうか。私は冷静なマーラーなどクソ食らえだ。マーラーには絶対熱いパッションが必要なのだ。これは未来永劫聴き継がれていくに違いないバルビローリの最高傑作だ。

greyfalcon さん | 福岡県 | 不明

4
★
★
★
★
★
通常のCDで聴いています。響きが美しいで...

投稿日:2013/10/15 (火)

通常のCDで聴いています。響きが美しいです。バルビローリさんの節回しは独特ですが、感動的です。

カズニン さん | 東京都 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品