CD

交響曲第7番『夜の歌』 ゲオルグ・ショルティ&シカゴ交響楽団

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCD4694
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

マーラー:交響曲第7番『夜の歌』
ゲオルグ・ショルティ&シカゴ交響楽団


第7番は前作とは対照的に明るく楽天的な雰囲気が横溢する交響曲で、標題は第2、第4楽章に付けられた『夜曲(ナハトムジーク)』に由来する俗称ですが、特にギターとマンドリンといった交響曲では珍しい楽器によって伴奏される第4楽章は、セレナードが歌われる平和な夜の情景を髣髴とさせます。
 ショルティはやや晦渋ともいえるこの作品で、くっきりとした輪郭を具えた明快な解釈を繰り広げ、シカゴ交響楽団も万全の演奏で応えています。(メーカー資料より)

【収録情報】
● マーラー:交響曲第7番ホ短調『夜の歌』


 シカゴ交響楽団
 サー・ゲオルグ・ショルティ(指揮)

 録音時期:1970年5月
 録音場所:イリノイ大学クラナート・センター
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

内容詳細

20世紀を代表する指揮者、ショルティの生誕100年を記念したシリーズの一枚。ギターとマンドリンによるセレナードを挿入するなど随所にユニークな試みを散りばめたマーラーの交響曲第7番「夜の歌」。輪郭のはっきりした明晰な音を構築している。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
19
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
LP時代の愛聴盤でしたね。終楽章の冒頭はこ...

投稿日:2014/11/13 (木)

LP時代の愛聴盤でしたね。終楽章の冒頭はこれに慣れてしまうと、どれも物足りなくて・・・。

fuka さん | 東京都 | 不明

4
★
★
★
★
★
名演!SACDでの再リリースを望みます!

投稿日:2014/06/19 (木)

名演!SACDでの再リリースを望みます!

井熊 さん | 静岡県 | 不明

1
★
★
★
★
★
私にとって7番はマーラー作品の中でもやや...

投稿日:2013/05/18 (土)

私にとって7番はマーラー作品の中でもやや難解であり、晦渋な雰囲気になじみ切れなかった。そのもやもやを一気に払拭してくれた名演である。録音が超優秀であり各パートが実に明晰で、曲の輪郭が手に取るように把握できる。この録音の極致は何といっても5楽章にある。この70年代のシカゴ響の開放的で豪快な金管群が夜の闇と静寂を粉みじんに打ち砕くさまはこの曲の終結が夜の解放を意図していることを明快に示してくれる。ショルティとシカゴ響のコンビの豪放磊落ぶりが最高潮に行かされた名録音である。難解さが好きな人には向かないかもしれないが、コレクションに是非加えるべき1枚である。

トスカの微笑 さん | 北海道 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品