CD

交響曲第5番 佐渡 裕&トーンキュンストラー管弦楽団

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
AVCL25997
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明


佐渡 裕が音楽監督を務める、トーンキュンストラ管弦楽団により制作されたCD
独特な外観、内装で話題を集めているエルプフィルハーモニーでの演奏の模様をライヴ収録


マーラーならではの濃密に編み上げられた当時としては革新的な構造持つ交響曲第5番。とりわけ、ハープと弦楽器による「アダージェット」は、ルキノ・ヴィスコンティ監督による1971年の映画「ベニスに死す」(トーマス・マン原作)で使われ、この交響曲が一躍脚光を浴びるきっかけとなり、マーラーの音楽の代名詞的存在となりました。
 音楽監督・佐渡 裕が指揮するトーンキュンストラ―管弦楽団はこの名曲を2019年3月のヨーロッパツアーで訪れたドイツのハンブルクにあるエルプフィルハーモニーでライヴ収録。音響の良さで開館当初より話題となった最新ホールで収録された大編成オーケストラの迫力あふれる演奏をお楽しみください。(販売元情報)

【収録情報】
● マーラー:交響曲第5番嬰ハ短調


 低地オーストリア・トーンキュンストラー管弦楽団
 佐渡 裕(指揮)

 録音時期:2019年3月16日
 録音場所:エルプフィルハーモニー・ハンブルク
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

内容詳細

佐渡裕指揮、トーンキュンストラー管による、マーラーの交響曲第5番。マーラー特有の壮大なスケールで、迫力をもって演奏されている。かつて映画『ベニスに死す』で使用された、濃密でロマンティックな第3楽章も必聴。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト

  • 作成者:都濃田一昌さん