CD

交響曲第3番 小泉和裕&九州交響楽団、九響合唱団、清水華澄(2CD)

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
FOCD9831
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明


小泉和裕&九州交響楽団/マーラー:交響曲第3番

九州交響楽団創立65周年を記念し演奏されたマーラー:交響曲第8番。モニュメンタルな作品の記念碑的演奏はCD化され、「小泉和裕に導かれたオーケストラ、大合唱団、8人の独唱者の演奏は壮大なうねりを起こし、心が震える終結部の高揚感は比類がない」と激賞されました。
 『千人』に続く待望のマーラー第ニ弾、交響曲第3番の登場です。作曲者が「無機物から植物、動物、人間、天使、そして神の愛に到達する悠久の過程」と称したこの作品。小泉&九響は全精力を傾注し、世界の生成へと誘います。(メーカー資料より)

【収録情報】
● マーラー:交響曲第3番ニ短調


 清水華澄(アルト)
 九響合唱団、 RKB女声合唱団、多目的混声合唱団『Chor Solfa!』、他
 活水高等学校コーラス部「Twinkle Stars」、久留米児童合唱団
 横田 諭(合唱指揮)
 九州交響楽団
 小泉和裕(指揮)

 録音時期:2019年7月27日
 録音場所:福岡県、アクロス福岡シンフォニーホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
前回のマーラー交響曲第8番「千人の交響曲...

投稿日:2020/05/02 (土)

前回のマーラー交響曲第8番「千人の交響曲」が、大変、良かったので期待してました。今回も節度ある演奏が各ソロ演奏部分で大変素晴らしい。しかしながら、全体を通して見ると、かえってマイナスの感じる。曲の感動に繋がらない。そういう意味で、残念な気がする。実演では、どうだろうか?

カニさん さん | 兵庫県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト

  • 作成者:都濃田一昌さん