CD

交響曲第8番『千人の交響曲』 小澤征爾&ボストン交響楽団、タングルウッド祝祭合唱団

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCD4793
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

小澤征爾名盤1600
マーラー:交響曲第8番『千人の交響曲』


フィリップス・レーベルによる小澤征爾/マーラー全集第1弾となった記念すべき録音。定期演奏会でとりあげられた直後、コンサートでの熱気と興奮をそのままにレコーディングされました。冒頭からすごい熱っぽさで聴き手を一気にひきこみます。そしてこの壮大な音楽を湧きあがるような生命感と噴出するような高揚できかせます。(ユニバーサルミュージック)

【収録情報】
・マーラー:交響曲第8番変ホ長調『千人の交響曲』

 フェイ・ロビンソン(ソプラノI、罪の女)
 ジュディス・ブレゲン(ソプラノII、贖罪の女)
 デボラ・サッソン(ソプラノIII、栄光の聖母)
 フローレンス・クイヴァー(アルトI、サマリアの女)
 ローナ・マイヤース(アルトII、エジプトのマリア)
 ケネス・リーゲル(テノール、マリア崇拝の博士)
 ベンジャミン・ラクソン(バリトン、法悦の教父)
 グウィン・ハウエル(バス、黙想の教父)
 タングルウッド祝祭合唱団(合唱指揮:ジョン・オリヴァー)
 ボストン少年合唱団(合唱指揮:セオドア・メアリアー)
 ボストン交響楽団
 小澤征爾(指揮)

 録音時期:1980年10月、11月
 録音場所:ボストン、シンフォニー・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 原盤:PHILIPS
 ルビジウム・クロック・カッティング

内容詳細

十数年かけて完成させたマーラーの交響曲全集の記念すべき第1弾録音となった第8番「千人の交響曲」。定期演奏会の直後にスタジオ録音されたもので、演奏会の熱気をそのまま持ち込んだかのような気迫に満ちている。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品