CD 輸入盤

交響曲第7番『夜の歌』 ホーレンシュタイン&ニュー・フィルハーモニア管

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BBCL4051
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD

商品説明

・マーラー:交響曲第7番
 ホーレンシュタイン(指)ニュー・フィルハーモニア管弦楽団
 録音:1969年8月29日ロイヤル・アルバートホール

緊張感と爆発が他の追随を許さないホーレンシュタインのマーラー。遂に「夜の歌」の登場となりました。録音も奥行きもあり優秀なし上がり。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
良い感じなんだけれども、間が持たない場面...

投稿日:2007/02/23 (金)

良い感じなんだけれども、間が持たない場面が多々あり、最後の息切れも録音で聴くと大分気になる。しかし、第二楽章は秀逸。後、ホーレンシュタインのマーラーは、フォックス盤の九番が良い。私は決してマーラーの良い聴き手ではないが、ホーレンシュタインにより、随分とマーラーが身近な存在に感じられる様になった。

小鳥遊 司 さん | 東京都三鷹市 | 不明

0
★
★
★
★
★
BBCシリーズは古い音源にも関わらず、音質...

投稿日:2004/05/12 (水)

BBCシリーズは古い音源にも関わらず、音質が良いので気に入ってます。このホーレンシュタイン盤も’69年とは思えないほどの録音です。きっとリマスタが上手いのでしょう。演奏は細部にまでしっかりと描きこまれたものです。金管にやや疲れが見えるものの、私の心に深く響きました。

joe さん | 仙台 | 不明

0
★
★
★
★
☆
のっけからテノール・ホルンが音を外してい...

投稿日:2004/03/24 (水)

のっけからテノール・ホルンが音を外しているのにめげなければ、なかなかいい演奏ですよ。

かばくん さん | とちぎ | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト