CD

交響曲第6番『悲劇的』 小澤征爾&ボストン交響楽団(2CD)

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCD4789
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

小澤征爾名盤1600
マーラー:交響曲第6番『悲劇的』(2CD)


声楽のないマーラーの交響曲の中では最も規模の大きい第6番。スコアを念入りに読みこむ小澤征爾ならではの緻密な演奏が、劇的な効果を生み出している名演です。(ユニバーサルミュージック)

【収録情報】
・マーラー:交響曲第6番イ短調『悲劇的』

 ボストン交響楽団
 小澤征爾(指揮)

 録音時期:1992年1月、2月
 録音場所:ボストン、シンフォニー・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)
 原盤:PHILIPS
 ルビジウム・クロック・カッティング

内容詳細

小澤、BSOのマーラー交響曲全集の第8弾としてリリースされた第6番「悲劇的」。スコアを緻密に読み込む小澤ならではの、適度なロマンティシズムと明快さが劇的な効果を生み出した名演だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
初出のCDを所有。マーラーの交響曲の中で...

投稿日:2014/04/06 (日)

初出のCDを所有。マーラーの交響曲の中でも、演奏者の主観や思い入れを排除して演奏することが最も難しい曲の一つだと思うが、ここでの小澤は全曲を通じ見事なまでに自然体の演奏に徹している。初めてこの演奏を聴いたときは、少なからず物足りなさを感じたものだったが、久しぶりに聴き直して、こうしたマーラーもありかと思えるようになったのは、自分自身の心境の変化か。マーラーを聴く気分でないときに聴く(?)マーラー。

チタンシルバー さん | 千葉県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品