SACD

交響曲第6番『悲劇的』 テンシュテット&ロンドン・フィル(1983)(2SACD)(シングルレイヤー)

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOGE15089
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
SACD

商品説明

『EMI CLASSICS 名盤 SACDシングル・レイヤー・シリーズ』
マーラー:交響曲第6番『悲劇的』(1983年セッション録音)
テンシュテット&ロンドン・フィル

限定盤

マーラーの交響曲の中でも、テンシュテットが最も強い思い入れを抱いていたのがこの第6番『悲劇的』。異様な緊迫感を湛えた冒頭から、迫り来る悲劇の到来を告げる圧倒的な終結まで、テンシュテットは一瞬の緩みもなく描き切っています。(EMI)

【収録情報】
・マーラー:交響曲第6番イ短調『悲劇的』

 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 クラウス・テンシュテット(指揮)

 録音時期:1983年4月28,29日、5月4,9日
 録音場所:ロンドン、キングズウェイ・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 英アビー・ロード・スタジオ最新リマスター音源使用

 SACD Single Layer
 SACD対応プレイヤーで再生できます。

収録曲   

ディスク   1

  • 01. 交響曲 第6番 イ短調≪悲劇的≫ (エルヴィン・ラッツ校訂版) 第1楽章:アレグロ・エネルジコ、マ・ノン・トロッポ(激しく、しかしはっきりと)
  • 02. 交響曲 第6番 イ短調≪悲劇的≫ (エルヴィン・ラッツ校訂版) 第2楽章:スケルツォ(どっしりと)
  • 03. 交響曲 第6番 イ短調≪悲劇的≫ (エルヴィン・ラッツ校訂版) 第3楽章:アンダンテ・モデラート

ディスク   2

  • 01. 交響曲 第6番 イ短調≪悲劇的≫ (エルヴィン・ラッツ校訂版) 第4楽章:フィナーレ(ソステヌート~アレグロ・モデラート~アレグロ・エネルジコ)

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
マーラーの第6番は私個人的には最高傑作だ...

投稿日:2017/06/25 (日)

マーラーの第6番は私個人的には最高傑作だと信じていますが、このTennstedt氏の演奏は桁外れに素晴らしいです。金管も打楽器も迫力と美しさを両立させており、録音時の残響効果も優れています。

テリーヌ さん | Hyogo | 不明

2
★
★
★
★
★
テンシュテットさんが遺したマーラー交響曲...

投稿日:2013/11/15 (金)

テンシュテットさんが遺したマーラー交響曲全集(セッション)の中でもまさに白眉というべき名演だった交響曲第6番。但しかつて発売されたディスクはどれも音が良くなかったんです。最初に聴いたLPは霞がかったような不鮮明な音で、新譜で聴いたのに全然最新録音の音がせずがっかり。CDになってもブルー系の音で鮮度や潤いのない、残念なものでした。演奏そのものが持つ力で印象は強烈でしたけど、満足感は今一つ。さて、SACDになったので大いに期待して大枚はたいて購入。結果は大満足!パリッと鮮明な音で、弦楽器のつやも十分聴きとれる。レンジは広く、大オーケストラの量感もずっしりときます。こうだよ、こうでなくちゃ、と大いに喜ぶ。演奏そのものは何しろ「凄演」と言うにふさわしい。どっしりと落ち着いて、勢いに流されることもなく、重戦車のような迫力で押してきます。そして表情付けは巧みで、一本調子になることはない。ミクロからマクロまで、表現し尽くした究極の演奏に近いと言っていいでしょう。SACDの成果、まさにすばらしいものがあります。これは傑作。みなさまのレビューの点が低いのは実はすごく不満ですけど(演奏のせいかと誤解されかねない)、価格とEMIの商法に対してということなので、そこは同意しますね。1枚に収めればいいじゃん。SACDについては、レコード会社はどう扱っていいのか、まだよくわかっていないということなのかねぇ。それはともかく、この大名演が良い音で聴けるようになったことを祝して満点にはいたします。

ほんず内閣総理大臣 さん | 北海道 | 不明

2
★
★
★
★
★
Back in the 1980s I discovered Mahler fr...

投稿日:2013/07/09 (火)

Back in the 1980s I discovered Mahler from the Tennstedt EMI LPs and although many of the conductor’s live Mahler performances have surfaced over the years on CD which are much beloved by Tennstedt fans, I still find something quite special about his studio Mahler recordings, and this Mahler 6 in particular. When this recording came out in 1983 it was met with a blistering review by Richard Osborne in the Gramophone Magazine - ”cheap melodrama, a circus act of irredeemable vulgarity”. In March 1987 Edward Seckerson interviewed Tennstedt in the same magazine. The author remarked that ”Tennstedt grows visibly heated when he talks about the Sixth”. ”The Sixth is a terrible thing. Terrible,” Tennstedt says. Prophetic of so many tragic events to come... Seckerson probably describes this recording best: ”Tennstedt’s Sixth seems to me to represent all that is most compelling - and most dangerous - about his Mahler. Like Leonard Bernstein...he is not afraid to go wherever this music takes him - to the edge, and even beyond...Extreme music...demands an extreme response.” Tennstedt’s recording does push this music to its extremes, maybe too much for many tastes, but perhaps getting more to the heart of Mahler’s fearsome, dark vision than many others. Mahler’s wife Alma recollected the composer’s state of mind when the 6th was first performed - ”None of his works moved him so deeply at its first hearing as this. We came to the last rehearsals, to the dress rehearsal—to the last movement with its three great blows of fate. When it was over, Mahler walked up and down in the artists’ room, sobbing, wringing his hands, unable to control himself. We stood transfixed, [along with the others in the room] not daring to look at one another. On the day of the concert Mahler was so afraid that his agitation might get the better of him that out of shame and anxiety he did not conduct the symphony well. He hesitated to bring out the dark omen behind this terrible movement.” While there may be some measure of ”melodrama” in all this, Tennstedt is not ashamed in this performance to give full vent to the emotional temperature of this most emotional music. The expansive breadth, weight and tonal richness of the symphony are given full reign as well, but I think Tennstedt also does a fine job observing Mahler’s careful formal structure in this symphony, a scheme that seems purposed to keep the white heat of the emotional content from overwhelming the message. I read in some other interview that Tennstedt was most proud of this recording among his Mahler cycle, that in spite of some mistakes by the players retained in the recording captured as he preferred in very few takes, the playing more importantly captured the power and sweep of this monumental music. The recording itself on LP was always impressive in terms of its tonal warmth but frustrating in its lack of dynamic range and distortion. The original CD issue offered a cleaner and wider ranging sound, but lost some of its tonal color and richness of texture. Now at last on SACD, it is possible to hear as never before, depending on your taste, this famous or infamous Mahler 6th. Thanks to Toshiba EMI for this very fine mastering and wonderful packaging of one of my favorite recordings, and I hope that the other Tennstedt EMI Mahler recordings will enjoy this same exceptional ”Resurrection” from the vault!

rm65 さん | UNITED STATES | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品