CD 輸入盤

交響曲第5番 フェドセーエフ&モスクワ放送響

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CR991070
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明

機能美マーラーの極北!
フェドセーエフがクールに決めてくれた第5番!!!
マーラー:交響曲第5番 嬰ハ短調
ウラディミール・フェドセーエフ(指)モスクワ放送チャイコフスキー交響楽団
録音:2000年8月30日,9月2,3日、モスクワ音楽院大ホール
フェドセーエフの音楽は男の美学。タフでクールでビシッと決める。マーラーの5番というとアダージェットに代表される世紀末頽廃美ばかりが強調されがちなところが、フェドセーエフの手にかかるといやみなくかっこいい。なんだかスポーツで鍛えた肉体をシャキッとしたスーツで包んだような、筋肉美と知性の融合を感じてしまいます。機能美マーラーを御堪能あれ!! 71分12秒

収録曲   

  • 01. Fedoseyev, Vladimir - Sinfonie Nr. 5 Cis-moll
  • 02. 1. Trauermarsch: In Gemessenem Schritt. Streng. Wi
  • 03. 2. Stuermisch Bewegt. Mit Grosster Vehemenz
  • 04. 3. Scherzo: Kraeftig. Nicht Zu Schnell
  • 05. 4. Adagietto: Sehr Langsam
  • 06. 5. Rondo-finale: Allegro

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ロシアのオーケストラによるマーラーの交響...

投稿日:2011/07/07 (木)

ロシアのオーケストラによるマーラーの交響曲演奏を聴けて、とても良かったです。演奏も充実しており満足しました。

ヒデ さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
これが本当にロシアのオケ?抑制の効いた、...

投稿日:2009/01/25 (日)

これが本当にロシアのオケ?抑制の効いた、しなやかな美しい響き。ライブでこれだけの演奏をするとは。(3日分の演奏会のいいとこ取りらしいけど)。それにしてもフェドセーエフ畏るべし!

喜劇的 さん | 神奈川 | 不明

0
★
★
★
★
☆
よくこの演奏は低い評価を与えられてるが、...

投稿日:2007/11/12 (月)

よくこの演奏は低い評価を与えられてるが、個人的には好き。重く沈んだ音が心地よく響く。豪快とかマーラーらしくないとかは別に、暗く湿り気を帯びたこの曲をいかに節度を利かせてるか。顔で笑って心で泣いて・・・。寅さん的演奏かも。

オランダ船のリゴレット さん | 大阪 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト