CD

交響曲第5番 カラヤン&ベルリン・フィル

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG4621
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ザ・オリジナルス Special
アナログ時代の音源をハイ・ビット・リマスタリングで蘇らせたシリーズのリニューアル!(一部デジタル録音も含みます)
不滅の名盤がルビジウム・カッティングで更に蘇る!


カラヤン&ベルリン・フィル/マーラー:交響曲第5番

1973年のベルリン・フィルとの公演で初めてマーラーの交響曲第5番を演奏するために、カラヤンは2年間におよぶリハーサルを繰り返し、その後、満を持してこの名高い録音が生まれました。極限の美を追求したカラヤンならではの磨きぬかれた壮絶な演奏。(ユニバーサル ミュージック)

【収録情報】
・マーラー:交響曲第5番嬰ハ短調
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン

 録音時期:1973年2月
 録音場所:ベルリン、イエス・キリスト教会
 録音方式:ステレオ(セッション)
 OIBP

【OIBP(オリジナル・イメージ=ビット・プロセッシング)】
オリジナル・アナログ・マスターテープに詳細に記録されている録音データに基づき、DGが開発した最新のテクノロジー「オリジナル=イメージ・ビット=プロセッシング」(略してOIBP)による、録音テイクごと丁寧にバランスやアコースティックを調整して、演奏家が望んだであろう、そして、エンジニアが録ろうとしたであろう、オリジナル・サウンドをより鮮明に、より表現豊かに再現しています。1本のマスター・テープのために割く作業内容は、大変に神経のいるもので、出来上がるまでにかなりの時間を要します。このように制作されたアルバムは、また新たな感動をもって聴くことができます。(ユニバーサル ミュージック)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
すばらしい。長い曲だけど最後まで飽きるこ...

投稿日:2020/12/21 (月)

すばらしい。長い曲だけど最後まで飽きることなく楽しめた。アダージョの美しさも顕著だ。このアダージョに限っていえば、バーンスタイン&ウィーンフィル盤も印象的であったが。

じじちゃん さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
ベストセラーとなった「アダージョ カラヤ...

投稿日:2011/02/03 (木)

ベストセラーとなった「アダージョ カラヤン」の冒頭を飾り、そのアダージョシリーズの象徴ともなったのがこの演奏の第4楽章だった。確かにこの楽章だけを取り出して聴けば、なるほど非の付け所のない独立した名曲である。ただこの録音がLPで発売された当初は、私個人はこの「プラスチック製のマーラー」?は、拒否反応とまではいかないが、共感できなかったのは確かだ。21世紀にもなった現在、マーラーの解釈は無数に存在するが、カラヤンの解釈は今以て独特であり、追従者がいないという意味では多大の価値のある演奏記録と言える。しかし穿った見方を許されるなら、感動のツボを刺激しない解釈だからこそ、誰も追従しないのではなかろうか?

エーテルの風 さん | 長野県 | 不明

0
★
★
★
★
★
いろいろ聴きましたが、このカラヤンはもっ...

投稿日:2010/02/03 (水)

いろいろ聴きましたが、このカラヤンはもっとも優れた演奏だと思います。 絶対手放したくない1枚ですね。

アッキ さん | 茨城県 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品