CD

交響曲第3番 小澤征爾&ボストン交響楽団、ノーマン(2CD)

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCD4785
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

小澤征爾名盤1600
マーラー:交響曲第3番(2CD)


1986年の来日公演でマーラーの交響曲第3番を演奏し、日本のファンを圧倒した小澤征爾とボストン交響楽団。そこから7年後にライヴ録音されたこの第3番は、まさにファン待望の録音となったものです。(ユニバーサルミュージック)

【収録情報】
・マーラー:交響曲第3番二短調

 ジェシー・ノーマン(ソプラノ)
 タングルウッド祝祭合唱団(合唱指揮:ジョン・オリヴァー)
 アメリカ少年合唱団(合唱指揮:ジェイムズ・リットン)
 ボストン交響楽団
 小澤征爾(指揮)

 録音時期:1993年4月
 録音場所:ボストン、シンフォニー・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)
 原盤:PHILIPS
 ルビジウム・クロック・カッティング

内容詳細

14年の歳月をかけて完成させた小澤のマーラー交響曲全集の最後の録音。すでに円熟ともいえる熟達した指揮を披露。BSOや合唱団も最高の演奏で応えており、そこにノーマンの深々とした声が華を添えている。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
端正で情感が豊かな演奏です。第6楽章が特...

投稿日:2015/09/01 (火)

端正で情感が豊かな演奏です。第6楽章が特に気に入りました。録音も優秀だと思います。

ルシータ さん | 東京都 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品