CD 輸入盤

交響曲第1番『巨人』、交響曲第10番〜アダージョ アバド&シカゴ交響楽団、ウィーン・フィル

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4784036
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

DG VIRTUOSO
交響曲第1番『巨人』、交響曲第10番〜アダージョ
アバド&シカゴ交響楽団、ウィーン・フィル


アバドらしい若々しい息吹が感じられる『巨人』
アバド第1回目マーラー録音の中から『巨人』。弱音部の美しさと流麗さと緊張感。そして最終楽章では、柔剛の個性が融合したシカゴ響の余裕ある盛り上がりによって、アバドらしい若々しい息吹が感じられる演奏となっています。ウィーン・フィルの豊潤な弦楽器の魅力を存分に引き出した第10番の『アダージョ』も収録しました。(ユニバーサルIMS)

【収録情報】
マーラー:
・交響曲第1番ニ長調『巨人』
 シカゴ交響楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音時期:1981年2月
 録音場所:シカゴ、オーケストラ・ホール
 録音方式:デジタル(セッション)

・交響曲第10番嬰ヘ長調より『アダージョ』
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音時期:1985年6月
 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール
 録音方式:デジタル(ライヴ)

収録曲   

  • 01. 1. Langsam. Schleppend
  • 02. 2. Kraftig bewegt
  • 03. 3. Feierlich und gemessen, ohne zu schleppen
  • 04. 4. Sturmisch bewegt
  • 05. Symphony No.10 in F sharp (unfinished) - Adagio
  • 06. 3. Feierlich und gemessen, ohne zu schleppen
  • 07. 4. Sturmisch bewegt
  • 08. 4. Sturmisch bewegt
  • 09. Symphony No.10 in F sharp (unfinished) - Adagio
  • 10. Symphony No.10 in F sharp (unfinished) - Adagio

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
今まで、アバドのCDをあまり聴くことなく過...

投稿日:2017/10/27 (金)

今まで、アバドのCDをあまり聴くことなく過ごしていました。このvirtuosoという廉価版になって安くなっており、いい機会だと思って買ってみました。 シカゴ響がアバドの求める音に答え、いい感じで音楽を作っていてこれはいいと思いました。また、録音がいいです。うちのオーディオではものすごい音でトゥッティが鳴りびっくりしました。今まで聴かずにもったいないことをしていたなと思いました。ワルターの巨人は別格だけれど、それに続く内容を持っています。

慎吉。 さん | 三重県 | 不明

1
★
★
★
★
★
10番は初回販売で9番とのカップリングで...

投稿日:2012/12/08 (土)

10番は初回販売で9番とのカップリングで出ていたが、 まだ自らの耳が聴く気にならず、あっさり系の9番と相まって 売ってしまった盤、改めて聴きなおしウィーンフィルの美しさが すばらしかったと感じた。 1番「巨人」は2番「復活」・5番・6番・7番と同じく ショルティのシカゴではなく、アバドのシカゴとして 同じマーラーの楽曲としては趣きの異なる力強さの中に アバド独特の「歌」がある名盤だ。

abbadondon さん | 栃木県 | 不明

1
★
★
★
★
★
なつかしの名盤。まだ覇気に満ち溢れていた...

投稿日:2012/05/16 (水)

なつかしの名盤。まだ覇気に満ち溢れていた若い俊英アバドをCSOの力技が支える。復活と同様、アバドとCSOの残したものでは最良の名盤だ。後年の録音もオケの自発性と技を尊重したもので美しいが、これほどまでの表現意欲と情熱が感じられない。ランチ一食分の700円足らずで買えるとは驚きである。

eroicka さん | 不明 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト