CD 輸入盤

交響曲全集 バーンスタイン&VPO、コンセルトヘボウ、NYP(11CD)

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4767125
組み枚数
:
11
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

・マーラー:交響曲全集
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団[第5,6,8,10番]
 アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団[第1,4,9番]
 ニューヨーク・フィルハーモニック[第2,3,7番]
 レナード・バーンスタイン(指揮)
1974年〜1988年にかけての収録で、8番と10番以外はデジタル録音。作曲者とつながりの深かったウィーン・フィル、コンセルトヘボウ、ニューヨーク・フィルを指揮してバーンスタインが思いのたけをぶちまけた過激でヘヴィーな演奏が集まっています。
 特に2番や3番、7番、9番といった大作での力のこめようは尋常ではなく、3度目のハンマーを復活させた6番など驚くほかないのめりこみぶりです。
  従来の16枚組からシンフォニーだけを取り出し、CD11枚に収めています。第1番から第9番までと第10番の第1楽章を収録。

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
27
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
最後まで聞きとおすことの難しい作曲家とい...

投稿日:2018/04/29 (日)

最後まで聞きとおすことの難しい作曲家というものがあります。R・シュトラウス、ワーグナー、ブルックナーなどで、このマーラーもその類です。しかしバーンスタインの演奏に触れ、初めてそれが可能となり、またそれ以上に感動しました。一言で言えばバーンスタインの演奏には歌があるということです。ライブ録音であり、彼の足音がドスンドスンと聞こえることからも彼の指揮ぶりが目に見えるようです。名演と言ってよいでしょう。

せごびあ さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
今更レビューを書くのも、というような「定...

投稿日:2017/06/06 (火)

今更レビューを書くのも、というような「定番」だが、自分的には今までもっていなかったのを改めて廉価で入手という有り難いご時勢になったのを機会に一筆。じつは基本的にバーンスタインは、とくに後年の演奏はあまり好きではない。VPOを振ったベートーヴェンとかブラームスとか、19世紀ものは今イチ心に触れてこない。基本的にバルトークとかストラヴィンスキーとかショスタコーヴィッチとか、20世紀の作品だけでいいのだが、レコード会社の政策もあるんだろうけど、その辺のレパートリーも実はそれほど完備していない。新ウィーン学派もあまりないしなぁ。でもマーラーだけは特別。世紀の変わり目だから良いというわけでもないだろうけど、感情が極端に走る彼の傾向と音楽がピッタリ当てはまる。今の指揮者はこんなにはやらない(やれない?)。所々でテンポが凄く落ちるんだけれども、多くは叙情的な箇所で音を抑えてゆっくりやっているので、意外に粘っているわけではない。『復活』の最後とかは別だけれども、あそこは粘ってくれてこそで、凄い盛り上がり。同じことは5番の一、二楽章にもいえ、分厚い咆哮を刺激的にならずに未だ「音楽」たらしめているVPOの響きもあって、あのテンポを全くだれずに聞かせるのは凄い。「アダジェット」のヴィブラートのゆっくりとした、しかし微妙な掛け方は心の震えに聞こえる。6番とか8番の最後部なんてほんと全身全霊という感じで凄いんだけれど、晩年の彼にありがちな肥大症的にならないのが作曲家との相性なのか?―とはいえ、5番や、とくに6番なんかは、美味だけれど分厚いステーキを続けて食べさせられている気分になるところもあります(アバドなんかだと脂身抜きでという感じ)。とくに素晴らしいと思うのは、通常は退屈な7番かな?ギーレンだったかケーゲルだったかが、バーンスタインがマーラーを俗悪化したと非難しているようですが、まぁ分らなくもない。でもそれがないとねぇ、「俗」と「聖」はペアなんだしとかなんとか、この辺は微妙ではないかしらん。三つのオケは、いずれもこの作曲家と縁のある名門オケだが、夫々素晴らしい。10番の冒頭の弦のVPOの響きなんかは、その練りに煉った厚い音のヒダに絡めとられるような眩惑を覚える。ずっと不調だと思っていたNYフィルもここでは往年の輝きを取り戻しているのは驚き。7番なんかはVPOかと思ったほど。正直区別がつかない(DGの音ということもあるだろうけど、管なんか巧いし)。コンセルトへボウはやや暗めの落ちついた響きだが、バーンスタインの「熱」に対する感応にも欠けてはいない。9番は熱のために崩壊気味のBPO盤よりこの方が好ましい(BPOならこの演奏の後に行なわれた、そして対照的に冷徹なまでに厳しいカラヤン盤をとりたい)ルートヴィッヒやヘンドリックスなど歌手たちもいいが、4番のボーイソプラノだけは外れ。音程もそうだが、ブレスの短さも相俟ってリズムも不安定で、聞いていられない。

mari夫 さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
音楽における究極のヒューマニティ、究極の...

投稿日:2014/03/12 (水)

音楽における究極のヒューマニティ、究極のアゴーギク、究極のディナーミクを教えてくれた超名演奏。

ムサイシス さん | 三重県 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品