CD 輸入盤

【中古:盤質S】 交響曲全集 クラウス・テンシュテット&ロンドン・フィル(セッション&ライヴ)(16CD)

マーラー(1860-1911)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
S
特記事項
:
未開封
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
0944932
レーベル
Europe
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

マーラー交響曲全集&ライヴ録音集
テンシュテット&ロンドン・フィル
(16CD初回生産限定盤)


クラウス・テンシュテット[1926-1998]の遺産を代表するベストセラーとしてすでに定評のある「交響曲全集」に、第5・6・7番のライヴ録音、および「大地の歌」を加えたお買得ボックス(WARNERロゴ)。装丁はクラムシェル・ボックス仕様で、各CDは紙製ケースに収納。32ページ・ブックレットが付属します。

【テンシュテット&LPOの代表作】
「交響曲全集」は1977年から1986年にかけてセッション・レコーディングされたもので、これに1988年から1993年にかけておこなわれたライヴ・レコーディングが加わることで、テンシュテットの指揮者人生の絶頂期を彩ったロンドン・フィルとの16年間をマーラー演奏の数々によってカバーできることになりました。

【バーンスタインと並び称される独特の解釈】
マーラー作品の深部・暗部をのぞかせることにかけては第1級の手腕を持つテンシュテットによる見事な演奏の数々は、これまでにも高い評価を受けてきました。そのスタイルは、バーンスタインと同じくデフォルメも辞さず作品解釈の極限に迫るものですが、ヒューマンな感動を志向する熱く開放的なバーンスタインに対し、テンシュテットの場合はより求心的で緊張感が強く、ひとりの人間の葛藤と相克、そして救済といった印象を与えるのが大きな違いでしょうか。

【ひとつのボックスで時系列比較が可能】
テンシュテットの場合、セッション・レコーディングもライヴのようなテンションでおこなわれているという特徴があり、そのせいかセッションながら瑕疵など問題としないかのような勢いのある仕上がりをみせるものが多くなっています。
 そのため、同曲ライヴ録音が収められた第5・6・7番に関しても、比較するとライヴとセッションの違いというよりは、年代の違いによる差の方が大きいような印象を受けます。
 1977:交響曲第1番
 1978:交響曲第5番、第10番
 1979:交響曲第3番、第9番
 1980:交響曲第7番
 1981:交響曲第2番
 1982:交響曲第4番、大地の歌
 1983:交響曲第6番
 1984:大地の歌
 1986:交響曲第8番
 1988:交響曲第5番(Live)
 1991:交響曲第6番(Live)
 1993:交響曲第7番(Live)
このマーラー・ボックスに収められた演奏では、第8番とライヴの3曲が癌発症以降で、ほかの曲はそれ以前のものということになります。

【テンシュテットと癌】
テンシュテットは1985年、アメリカ演奏旅行中に喉に違和感を訴え、病院で診察を受けると喉頭癌であることが判明、その後、放射線治療を続けながら指揮する道を選び、1993年の春までの7年半も活動を継続しました。テンシュテットは数々のコンサートで多くの人々に感動を与え続けましたが、1993年後半から病状が悪化し、その後は治療に専念するものの、5年後の1998年1月12日、北ドイツのキールの自宅で静かに世を去ることとなります。

【高水準なライヴ録音】
1988年から1993年にかけてロイヤル・フェスティヴァル・ホールでライヴ録音された第5番と第6番、第7番の3曲は、マーラー中期に書かれた純器楽による交響曲群。『リュッケルト歌曲集』からの影響があるためか「リュッケルト交響曲」と呼ばれることもあるこれら3曲でのテンシュテットの演奏の特徴は、細部情報がとにかく「生きている」ということで、ときに美しく、ときに深刻に、またときに轟然と盛り上がる音楽が常にある種の熱気を帯びており、なおかつそのスケールはきわめて大きいという稀有な現象が引き起こされています。

【歌曲というより交響曲の『大地の歌』】
タイトルにLiedとはいっていることもあってか、欧米では交響曲全集に組み込まれないことの多い『大地の歌』ですが、テンシュテットの演奏で聴くとオーケストラが雄弁なこともあり、どうしても交響曲に聴こえてしまいます。特に終楽章『告別』における第2展開部(オーケストラだけの部分)での慟哭の激しさにはすごいものがあり驚かされるのですが、一方で柔和な情感表現や、飄々とした風情もきちんと示されており、その表現力の多彩さはさすがというほかありません。(HMV)

【収録情報】
Disc 1
マーラー:
● 交響曲第1番ニ長調『巨人』
 録音時期:1977年10月4,5日
 録音場所:ロンドン、アビー・ロード第1スタジオ
 録音方式:ステレオ(セッション)

● 交響曲第2番ハ短調『復活』 第1楽章

Disc 2
● 交響曲第2番ハ短調『復活』 第2楽章〜終楽章
 エディト・マティス(ソプラノ)
 ドリス・ゾッフェル(メゾ・ソプラノ)
 ロンドン・フィルハーモニー合唱団
 録音時期:1981年5月14-16日
 録音場所:ロンドン、キングズウェイ・ホール
 録音方式:デジタル(セッション)

Disc 3
● 交響曲第3番ニ短調 第1楽章〜第5楽章

Disc 4
● 交響曲第3番ニ短調 終楽章
 オルトルン・ヴェンケル(コントラルト)
 ロンドン・フィルハーモニー合唱団女性メンバー
 サウスエンド少年合唱団
 録音時期:1979年10月27,29-31日
 録音場所:ロンドン、キングズウェイ・ホール
 録音方式:デジタル(セッション)

● 交響曲第4番ト長調
 ルチア・ポップ(ソプラノ)
 録音時期:1982年5月5-7日
 録音場所:ロンドン、キングズウェイ・ホール
 録音方式:デジタル(セッション)

Disc 5
● 交響曲第5番嬰ハ短調
 録音時期:1978年5月10-12日、6月8日、10月5-7日
 録音場所:ロンドン、アビー・ロード第1スタジオ
 録音方式:ステレオ(セッション)

Disc 6
● 交響曲第7番ホ短調『夜の歌』 第1楽章〜第4楽章

Disc 7
● 交響曲第7番ホ短調『夜の歌』 終楽章
 録音時期:1980年10月20-22日
 録音場所:ロンドン、アビー・ロード第1スタジオ
 録音方式:デジタル(セッション)

● 交響曲第6番イ短調『悲劇的』 第1楽章〜第4楽章

Disc 8
● 交響曲第6番イ短調『悲劇的』 終楽章
 録音時期:1983年4月28,29日、5月4,9日
 録音場所:ロンドン、キングズウェイ・ホール
 録音方式:デジタル(セッション)

● 交響曲第8番変ホ長調『千人の交響曲』 第1部

Disc 9
● 交響曲第8番変ホ長調『千人の交響曲』 第2部
 エリザベス・コネル(ソプラノI:罪深き女)
 イーディス・ウィーンズ(ソプラノII:贖罪の女のひとり)
 フェリシティ・ロット(ソプラノIII:栄光の聖母)
 トゥルーデリーゼ・シュミット(コントラルトI:サマリアの女)
 ナディーヌ・ドゥニーズ(コントラルトII:エジプトのマリア)
 リチャード・ヴァーサル(テナー:マリアを讃える博士)
 ヨルマ・ヒュニネン(バリトン:法悦の神父)
 ハンス・ゾーティン(バス:瞑想の神父)
 デイヴィッド・ヒル(オルガン)
 ティフィン・スクール少年合唱団
 ロンドン・フィルハーモニー合唱団
 録音時期:1986年4月20-24日、1986年10月8-10日
 録音場所:ロンドン、ウォルサムストウ・タウン・ホール、ウェストミンスター大聖堂
 録音方式:デジタル(セッション)

Disc 10
● 大地の歌
 アグネス・バルツァ(コントラルト)
 クラウス・ケーニヒ(テナー)
 録音時期:1982年12月、1984年8月
 録音場所:ロンドン、アビー・ロード第1スタジオ
 録音方式:デジタル(セッション)

Disc 11
● 交響曲第9番ニ長調 第1楽章〜第3楽章

Disc 12
● 交響曲第9番ニ長調 終楽章
 録音時期:1979年5月11,12,14日
 録音場所:ロンドン、アビー・ロード第1スタジオ
 録音方式:ステレオ(セッション)

● 交響曲第10番嬰ヘ短調 第1楽章『アダージョ』
 録音時期:1978年5月10-12日、6月8日、10月5-7日
 録音場所:ロンドン、アビー・ロード第1スタジオ
 録音方式:ステレオ(セッション)

Disc 13
● 交響曲第5番嬰ハ短調
 録音時期:1988年12月13日
 録音場所:ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール
 録音方式:デジタル(ライヴ)

Disc 14
● 交響曲第6番イ短調『悲劇的』 第1楽章〜第3楽章

Disc 15
● 交響曲第6番イ短調『悲劇的』 終楽章
 録音時期:1991年11月4,7日
 録音場所:ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール
 録音方式:デジタル(ライヴ)

● 交響曲第7番ホ短調『夜の歌』 第1楽章

Disc 16
● 交響曲第7番ホ短調『夜の歌』 第2楽章〜終楽章
 録音時期:1993年5月14,15日
 録音場所:ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール
 録音方式:デジタル(ライヴ)

 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 クラウス・テンシュテット(指揮)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. I. Langsam. Schleppend - Immer sehr gemchlich. - Symphony No. 1 in D (2000 Digital Remaster)
  • 02. II. (Scherzo) Krftig bewegt, doch nicht zu schnell - Trio. Recht gemchlich. - Symphony No. 1 in D (2000 Digital Remaster)
  • 03. III. Feierlich und gemessen, ohne zu schleppen - Sehr einfach und schlicht wie eine Volksweise - Wieder etwas bewegter, wie im Anfang. - Symphony No. 1 in D (2000 Digital Remaster)
  • 04. IV. Strmisch bewegt - Langsam - Wieder wie zu Anfang. Strmisch bewegt - Sehr landgam - Tempo I. - Symphony No. 1 in D (2000 Digital Remaster)
  • 05. I. Allegro maestoso. - Symphony No. 2 in C minor, 'Resurrection' (2000 Digital Remaster)

ディスク   2

  • 01. II. Andante moderato. - Symphony No. 2 in C minor, 'Resurrection' (2000 Digital Remaster)
  • 02. III. In ruhig flie゚ender Bewegung. - Symphony No. 2 in C minor, 'Resurrection' (2000 Digital Remaster)
  • 03. IV. Urlicht (sehr feierlich aber schlicht). - Symphony No. 2 in C minor, 'Resurrection' (2000 Digital Remaster)
  • 04. V. Im Tempo des Scherzos (Wild herausfahrend) - Langsam - Allegro energico - Langsam. - Symphony No. 2 in C minor, 'Resurrection' (2000 Digital Remaster)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
16
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
LP時代にいくつかもっていて、バーンスタイ...

投稿日:2015/11/27 (金)

LP時代にいくつかもっていて、バーンスタインにはない中部ヨーロッパ的な暗さをもった表現主義的な演奏と思っていた。値段も安い(昔なら一曲分だ)ので買って久々に聞いたが、こんなに分離の悪い音だっけ。モゴモゴとした音で切れがなく、色彩感にも乏しい。確かにEMIには元々その傾向がある。けれども同じEMIのマーラ―でもクレンペラー(私がもっているのはリマスターが好評のフランス盤)のより古い音の方がずっといいのはどうしたわけ?。だから、一番、四番、大地の歌など、色彩感や自然描写的な曲はどうも冴えがなく聞こえる。他の劇的な構えが強い曲はまだ良いが、やはりメリハリに、ということは彫りの深さに乏しく聞こえてしまう。演奏のせいというより、この録音のせいでテンシュテットは随分損しているような気がする。ただ、それは(LPではあまり感じなかったけれど)オケの非力のせいもあるかもしれない。生で聞いたこのコンビ(マーラーじゃなくてブルックナーだったけれど)は、やはりあんまり冴えない音だった。日頃古い録音を聞いていることの方が多い自分が、こういうコメントをするとはと思うけれども、50年代のデッカとかRCAとかこれよりずっと鮮明な音がするのだから仕方がない。お前の再生装置のせいだろとかいわれると否定しようもなくて困るのですが。でもこの音だと分かっていたら買わなかったのになぁ。ファンの方ごめんなさい。

mari夫 さん | 東京都 | 不明

16
★
★
★
★
★
マーラーの交響曲全集は多い。これを世に問...

投稿日:2014/09/28 (日)

マーラーの交響曲全集は多い。これを世に問うのは、いまや力量ある指揮者の「証」といった感すらある。さらに、各番別には、指揮者もオケも鎬を削る主戦場でもあり百花繚乱の状況である。 そのなかで全集としてどれを選ぶか。私はバーンスタインとテンシュテットを好む。各番別のベスト盤では種々の見解はあろうが、マーラーという世紀末に生き個人的にも深い懊悩をかかえた稀代の作曲家がなにを目指していたのかについて、明解に、かつ追体験的に迫るアプローチとしてこの2セットは共通する。 テンシュテットは交響曲の「完成」と同時に「崩壊」の過程、双方をマーラーにみて、その均衡と相克を各番に通底して全力で表現せんとしているように感じる。異様な迫力の部分、ゆくりなくも奏でられる美弱音の表情ともに緊迫し奥深い。彼自身、重篤な病気を圧しての足掛け16年の軌跡・・・といったセンティメントよりも、むしろ執念ともいうべき一貫した表現力への挑戦の記録に価値がある。傾聴すべき遺産と思う。

織工 さん | 東京都 | 不明

11
★
★
★
★
★
全部バラで揃えたものの、あまりに安いので...

投稿日:2013/04/16 (火)

全部バラで揃えたものの、あまりに安いのでまた全部買ってしまいました。 リマスターで初出の頃よりは多少低音がスッキリした感じはするのですが、基本傾向は同じ。低音のトランジェントが良い装置でないと、音が団子状になり易いのが玉にきず。もともとテンシュテットの音作りにそういう傾向はあるけれども、北ドイツ放送響のライブなどはもっとスッキリしていますね。やはりホールの独特の響きとEMI録音の悪いところも出てしまっているなと思います。 演奏は個人的には文句無し。ただ、あまりに主観的で熱過ぎる演奏なので、他人には薦めず「インバルが良いんじゃない」とか言ってしまいます(^^;;。このBOXで溺愛しているのは4番、ライブの5番、それに9番。ライブの5番はLPOが限界一杯一杯になりながらテンシュテットの棒に強烈な喰い付きを見せた凄演。恐らく、団員にもテンシュテットにも「これが最後の5番」という感じだったのでしょう。とても冷静には聞けないドラマそのものの演奏です。9番はマーラーの超複雑なテクスチャーを他の指揮者のようにほぐして見せるのではなく、個々の楽器を一見気ままに振る舞わせておいて、勘所だけ驚異的な集中力で瞬間的に束ねて全体を組み上げるかなり個性的なアプローチ。これがマーラーの分裂的な要素や諦観を最大限に引き出し、最終楽章はもはや涙なしでは聴けない。この9番は初出の時に諸井誠氏がライナーノートの中で、「テンシュテットがこの曲で成し遂げてしまったことを悟り、私は戦慄した」という意味のことを述べておられるが、わたしも全く同感。曲によって出来不出来はあるものの(大地の歌は本人も不満だったらしい)、好きな人には一生の宝物のような全集です。

orisuke さん | 新潟県 | 不明

8

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品