CD 輸入盤

【中古:盤質AB】 交響曲第9番 アバド&ウィーン・フィル

マーラー(1860-1911)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
AB
特記事項
:
なし
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
4786973
レーベル
Europe
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

アバド&ウィーン・フィル/マーラー:交響曲第9番

艶やかな弦の音色が彩る旋律美
アバド第1回目のマーラー・チクルスの中の第9番は、1987年5月、ウィーン、コンツェルトハウスでのライヴ録音。ウィーン・フィルの豊潤な弦楽器の魅力を存分に引き出した艶やかな名演です。(ユニバーサルIMS)

【収録情報】
・マーラー:交響曲第9番二長調

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音時期:1987年5月
 録音場所:ウィーン、コンツェルトハウス大ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
名曲・名演・名録音です。後年のベルリンと...

投稿日:2019/06/04 (火)

名曲・名演・名録音です。後年のベルリンとの全集での9番が注目されることが多いですが、これも立派なCDです。 この廉価が申し訳ないくらいです。

古き良き時代 さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
国内盤では2枚組で、10番アダージョがつ...

投稿日:2015/03/10 (火)

国内盤では2枚組で、10番アダージョがついているものを持っている。しかし、どうしてこの演奏に誰もコメントしないんだろう?仕方なく、小生が入れさせてもらいますが、これはライブと思えないぐらい透き通った演奏である。全曲を通して、やるせない、どうしようもなく哀しい気持ちがこめられている気がする。大病を患う前のアバドの演奏だがその大病を予感させるようなそんな気がする。アバドのマーラーといえば誰もがルツェルン祝祭管でのいくつもの名演を思い出すだろうが、VPOを振ったこのCDはアバドのマーラーの中でもベスト3に入れて良いものと思う。BPOとの6番も良かった。バーンスタインは別として、やはりテンシュテットよりアバドの方がマーラーには向いている気がする。

mid-massa さん | 三重県 | 不明

9

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品