CD 輸入盤

【中古:盤質AB】 交響曲全集(第1番〜第10番『アダージョ』)、亡き子を偲ぶ歌 バーンスタイン&ニューヨーク・フィル、ロンドン響、イスラエル・フィル(12CD)

マーラー(1860-1911)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
AB
特記事項
:
なし
コメント
:
12枚組BOXセット
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
88697943332
レーベル
Europe
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

マーラー:交響曲全集(12CD限定盤)
バーンスタイン&NYP、LSO、他


バーンスタインがアメリカ時代にセッション・レコーディングしたマーラー交響曲全集が、お買得価格のボックス・セットとして登場。しかも2009年にアンドレアス・マイアーによってDSDリマスターされた音源を使用しており、当時の米コロンビア・レーベルが誇った「360サウンド」によって細部まで明晰に収録された立体感あるサウンドを本来の音質で楽しむことができます。
 肝心の演奏は、全体にアメリカ時代のバーンスタインならではのエキサイティングなもので、その熱っぽくストレートな訴えかけには、濃厚な感情移入をみせる晩年の再録音とはまた違った魅力があふれています。
 第1番『巨人』は、作品の若々しさにぴったりの切れ味鋭いアプローチで、楽員のノリの良さもよく生かされ、揺れ動く心理表現が新鮮に表わされた見事な演奏。
 第2番『復活』はさらに見事。抑えがたいエネルギーが奔流と化したかのような過激なアプローチがいまだに人気が高く、第1楽章展開部の大詰めなど、戦闘シーンさながらの大迫力はまさに圧倒的。終楽章コーダの高揚感もほとんど絶叫といったテンションで描き抜かれ、バーンスタインの熱い思いがダイレクトに伝わってきます。
 演奏時間100分を超える第3番も聴きものです。若き日のバーンスタインのアプローチはきわめて熱く雄弁で、どの楽章も実に表情豊かに仕上げられているのが特徴。大暴れしまくる第1楽章と、後半のすごい高揚が感動的な終楽章は特に秀逸。
 第4番は全集録音の第1弾となったもので、バーンスタインは当時41歳。すでに華々しいキャリアがあったとはいえ、その演奏はまだみずみずしく、迷いなく思い切りの良いストレートな表現、躍動感に満ちた敏捷な演奏は、作品との相性も抜群です。
 第6番も名演。後年の録音に較べるとテンポは速めであり、ニューヨーク・フィルの刺激的なサウンドもあって、第4楽章など大迫力。加えて、ここではマーラー自身がカットした“三度目のハンマー打撃”を復活させているので、その終息はますます悲劇的なものとなっています。
 第7番も素晴らしい仕上がりです。細部の表情付けがスコアで過剰なまでに求められているこの作品はもともとバーンスタイン向きとはいえ、ここでの俊敏さも伴った自在に変転する表情の妙味はやはりこの頃のバーンスタインならでは。
 1975年収録の第10番はバーンスタインにとって2度目の録音。前年のウィーン・フィル盤に較べて30秒ほど遅いだけですが、気持ちのこもった熱い演奏は大きく印象が異なります。
 その他、情熱的でホットな第5番や、オーケストラ・パートの濃厚さと清楚な歌の組み合わせが効果的な『亡き子を偲ぶ歌』など、どれも聴きごたえある演奏となっています。
 なお、今回は「交響曲全集」ということにこだわったのか、楽譜に「交響曲」という記載の無い『大地の歌』は残念ながら収録されませんでした。
 各ディスクは、アメリカ初出時のオリジナルLPジャケットのデザインを使用した紙ジャケットに封入されています。クラウス・ガイテルの解説とトラックリスティング、初出LP番号、マトリックス番号などのレコーディング・データを網羅した32ページの別冊解説書付きです。(HMV)

【収録予定曲】
CD1
・交響曲第1番ニ長調『巨人』(録音時期:1966年)
 ニューヨーク・フィルハーモニック

CD2,CD3
・交響曲第2番ハ短調『復活』(録音時期:1963年)
 リー・ヴェノーラ(ソプラノ)
 ジェニー・トゥーレル(メゾ・ソプラノ)
 カレジエート合唱団
 ニューヨーク・フィルハーモニック

CD4,CD5
・交響曲第3番ニ短調(録音時期:1961年)
 マーサ・リプトン(メゾ・ソプラノ)
 ジョン・コリリアーノ(ヴァイオリン)
 ジョン・ウェアー(ポストホルン)
 スコラ・カントルム女声合唱団
 トランスフィギュレーション教会少年合唱団
 ニューヨーク・フィルハーモニック

CD6
・交響曲第4番ト長調(録音時期:1960年)
 レリ・グリスト(ソプラノ)
 ニューヨーク・フィルハーモニック

CD7
・交響曲第5番嬰ハ短調(録音時期:1963年)
 ジェイムズ・チェンバース(ホルン)
 ニューヨーク・フィルハーモニック

CD8
・交響曲第6番イ短調『悲劇的』(録音時期:1967年)
 ニューヨーク・フィルハーモニック

CD9
・交響曲第9番ニ短調(録音時期:1965年)
 ニューヨーク・フィルハーモニック

CD10
・交響曲第7番ホ短調『夜の歌』(録音時期:1965年)
 ニューヨーク・フィルハーモニック

CD11
・交響曲第8番変ホ長調『千人の交響曲』(録音時期:1966年)
 エレナ・スポーレンベルク(ソプラノ)
 グィネス・ジョーンズ(ソプラノ)
 ゲニス・アンニアー(ソプラノ)
 アンナ・レイノルズ(アルト)
 ノーマ・プロクター(アルト)
 ジョン・ミッチンソン(テノール)
 ウラディミール・ルジャーク(バリトン)
 ドナルド・マッキンタイア(バス)
 リーズ音楽祭合唱団
 オービントン・ジュニア・シンガーズ
 ハイゲート・スクール少年合唱団
 フィンチレー児童音楽グループ
 ロンドン交響楽団&合唱団

CD12
・交響曲第10番嬰ヘ長調〜第1楽章アダージョ(録音時期:1975年)
 ニューヨーク・フィルハーモニック

・亡き子を偲ぶ歌(録音時期:1974年)
 ジャネット・ベイカー(メゾ・ソプラノ)
 イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団

 レナード・バーンスタイン(指揮)

 録音方式:ステレオ(セッション)
 DSDリマスタリング:2009年

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
24
★
★
★
★
☆
 
5
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ニューヨーク時代のバーンスタインの名演と...

投稿日:2018/09/04 (火)

ニューヨーク時代のバーンスタインの名演と思います。レコードでは交響曲第4番をよく聴いていました。大分以前に購入していたCD全集ですが、8月末に3日間で全曲制覇しました。気付いたらバーンスタインの生誕100年の頃でした。暑い夏にマーラーが作曲した交響曲を暑い日本で聴きました。ウィーンPOのゆっくりしたマーラーもよいですが、バースタインは「すっきり」「格好良い」時代がマーラー生誕100年頃の「心意気」を感じて大変よかったと思います。 懐かしい名演です。

RN さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
★
★
中学生の時FMでバーンスタイン/NYPの9番を...

投稿日:2018/03/24 (土)

中学生の時FMでバーンスタイン/NYPの9番を聴き大変な衝撃を受けた。途中でラジオを切れず友達との待ち合わせをすっぽかすことになるほどだった(当時は携帯ないしね)。ロックを聴いていた私が全く接したことがない音楽であり、ロックでは味わえない深い感動がそこにはあった。以来バーンスタインのマーラーのLPをせっせと購入、私の中学、高校時代はカラヤン、ベームではなくバーンスタイン、ブーレーズがメインだったのだ。さて、マーラー全集がオリジナルジャケットで激安で登場したことを不覚にも知らず最近慌てて購入。残念なことに6番、7番、9番のジャケットがLPと違うのだが、CBSソニー盤は米国盤とは変えていたのかな。LPを処分してしまったのであのジャケットを見たかった。演奏については、DG再録音が出たときに聴き比べ、1番から4番はCBS盤が、5番以降はDGがいいと思っていたが、今回久しぶりにCBS盤を聴いてかなり違う印象を持った。DGより落ちるのは5番と7番くらい。あとは同等かこちらのほうがよい。特に感銘を受けたのが8番。テンシュテットとノットの時も書いたが、この曲は合唱はもとより独唱も全員高い音楽性がなければ真の感動に至らない。改めて聴き、この条件を充たしているのはショルティとバーンスタイン新旧盤のみであると再確認。しかもこの難曲を大きな起伏をもって壮大にまとめあげる力は断然バーンスタインのほうが上だ。健闘しているリーズ音楽祭合唱団がクレジット漏れしているのは失礼。9番はかつて柴田南雄氏が出来が良くないといっていたが、私をマーラーに引きずり込んだ演奏だし、今聴いても少しも悪くないと思う。小澤征爾によるとバーンスタインのリハーサルは非効率だったそうだが、5番、7番にその欠点が出ているようで、指揮者の意図を叩き込む暇なく録音してしまった感がある。それでも思わずこんな長文を書いてしまうほど今も大変なインパクトのある全集。絶対のお薦めである。

フォアグラ さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
もうとにかく言っておくけど、これを聴かず...

投稿日:2017/04/17 (月)

もうとにかく言っておくけど、これを聴かずしてマーラーを聴いたうちには入らない!偏見とかじゃなくて、「これがマーラーだ!」といいたくなる演奏だし、世評はみなそうだ 理屈抜きにこの演奏に接してから、マーラー演奏の理論や理屈に関わりたいものだ。これほど無言のうちにマーラーを刷り込まされる演奏はないのだから。 驚きはトータルでの完成度。なんという高い次元での安定感!どれか1曲に感動とか共感・同感覚えたら、あとはほとんど同じ領域での遣り繰り。これは贅沢! 安さで決めないように。普通に1万超するような演奏内容です

音楽の彼方に さん | 不明 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品