CD 輸入盤

【中古:盤質A】 Sym.3: Schuricht / Stuttgart Rso(1960)+r.strauss: Eine Alpensinfonie

マーラー(1860-1911)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
2枚組み
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
93151
レーベル
Germany
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

シューリヒトの名人芸を堪能。

@マーラー:交響曲第3番ニ短調
AR.シュトラウス:アルプス交響曲

@ルート・ジーヴェルト(Ms)
シュトゥットガルト放送声楽アンサンブル女声合唱
シュトゥットガルト・エバーハルト=ルートヴィヒ・ギムナジウム児童合唱団
カール・シューリヒト(指)シュトゥットガルト放送SO.

@1960年4月7日シュトゥットガルト、リーダーハレ
A1955年1月7日−4月4日シュトゥットガルト、ゼンデザール・ヴィラ・ベルク
以上すべてライヴ録音(モノラル)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Symphony no 3 in D minor
  • 02. Symphony no 3 in D minor
  • 03. Symphony no 3 in D minor
  • 04. Symphony no 3 in D minor
  • 05. Symphony no 3 in D minor

ディスク   2

  • 01. Symphony no 3 in D minor
  • 02. Eine Alpensinfonie, Op. 64
  • 03. Eine Alpensinfonie, Op. 64
  • 04. Eine Alpensinfonie, Op. 64
  • 05. Eine Alpensinfonie, Op. 64
  • 06. Eine Alpensinfonie, Op. 64
  • 07. Eine Alpensinfonie, Op. 64
  • 08. Eine Alpensinfonie, Op. 64
  • 09. Eine Alpensinfonie, Op. 64
  • 10. Eine Alpensinfonie, Op. 64
  • 11. Eine Alpensinfonie, Op. 64
  • 12. Eine Alpensinfonie, Op. 64
  • 13. Eine Alpensinfonie, Op. 64
  • 14. Eine Alpensinfonie, Op. 64
  • 15. Eine Alpensinfonie, Op. 64
  • 16. Eine Alpensinfonie, Op. 64
  • 17. Eine Alpensinfonie, Op. 64
  • 18. Eine Alpensinfonie, Op. 64
  • 19. Eine Alpensinfonie, Op. 64
  • 20. Eine Alpensinfonie, Op. 64
  • 21. Eine Alpensinfonie, Op. 64
  • 22. Eine Alpensinfonie, Op. 64
  • 23. Eine Alpensinfonie, Op. 64

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
私の歴史学の師匠であり、イタリアの高名な...

投稿日:2009/02/16 (月)

私の歴史学の師匠であり、イタリアの高名な老サッカー監督(1939生)でもある方が、「日本ではバーンスタインやショルティのマーラーが売れているのか…しょうがないなぁ。どれが一番名盤かを競うのは音楽とは全く無縁の下品な話しだが、シューリヒトやジュリーニ、ホーレンシュタイン、有名どころではセル、クレンペラー、俺はこの位しか聴かないぞ?」と言っていた事が思い出されました。 3番は今まで納得が出来るCDが無かったのです。イロイロ買ってはみたのですが。このシューリヒト版は私の中で納得のいく1枚になりました。シューリヒトさん、

チェーザローネ さん | 宮城県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
マーラーはまず録音の良さにびっくり。モノ...

投稿日:2008/04/27 (日)

マーラーはまず録音の良さにびっくり。モノラルだが明瞭でノイズもなく、大オーケストラをよくとらえていて不満なし。シューリヒトのマーラーは初めて聞いたが、情感の変化がとてもうまく表されて芸の深さを痛感する。実はホーレンシュタインと通底するものがあります。1楽章途中でシンバルが大ミスをやらかしてから打楽器陣がおとなしくなってしまいますが、総じてオケもよく持ちこたえた名演でしょう。アルプスは、やや特徴薄。でも悪くない。やはりシューリヒトも大変な人だったのですねぇ。

ほんず内閣総理大臣 さん | 北海道 | 不明

2
★
★
★
★
★
これほどの名演がこの世に存在していたとは...

投稿日:2007/11/11 (日)

これほどの名演がこの世に存在していたとは想像もしていなかった。ホーレンシュタイン盤を最高峰と確信していたが、このシューリヒト盤はその上をいく。なんと言っても凄いのは、この長大な曲を構成感ある交響曲として一気に聴かせてしまう大胆さだ。

為朝 さん | 京都府 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品