CD 輸入盤

『大地の歌』ピアノ伴奏版 スミス(T)パレイ(Br)ラーデマン(p)

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TLS1002
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

マーラー歌曲エディションVol.2
マーラー:『大地の歌』ピアノ伴奏版
(テノール&バリトン独唱・世界初録音)

マーラー『大地の歌』のピアノ伴奏版は、1987年の発見以来いくつかの録音がおこなわれましたが、テノールとバリトン独唱では当盤が世界初となります。その独自の解釈によりマーラー協会の2004年トブラッヒャー特別賞を受賞したピアノ伴奏版『子供の魔法の角笛』全24曲(TLS1001)に続く、「Telos Records」のマーラー:歌曲第2集です。
 テノールのスミスは、カンザス州出身のドラマティック・テノール。バイロイト音楽祭、東京を含む世界各地でワーグナー、プッチーニ、ヴェルディなどの歌劇に出演し、『大地の歌』ではロリン・マゼールやエド・デ・ワールトと共演しています。
 バリトンのパレイは、1979年ボゴタで生まれ、アルジェンティンに移りました。主にグルック、モーツァルト、ウェーバー、ヴェルディなどのリリック・バリトンの役やドイツ・リートを歌っています。

・マーラー:『大地の歌』(ピアノ伴奏による)

 ロバート・ディーン・スミス(T)
 イヴァーン・パレイ(Br)
 シュテファン・マティアス・ラーデマン(p)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品