マーク・フィッシャー

人物・団体ページへ

成功の掟 若きミリオネア物語

マーク・フィッシャー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784820706045
ISBN 10 : 4820706047
フォーマット
発行年月
1989年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
207p;20X14

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • さと さん

    三度目の読了。成功願望の固まりみたいだが・・・。なんだか心がモヤモヤしていた時に目に入ったので素直に読んでみる。明確な目標設定 潜在意識の書き換えなど、努力 根性 といったイメージがモチベーションを上げてくれるのだが 一方で、(小林正観さんのような)人生において望みは欠乏を意味するに他ならない、これから起きるすべては自分が決めて生まれてきたのだから、抗わず、求めず、淡々と受け入れていきなさいという考え方もありだと思うだけに 両者が私の心の中でせめぎあう。明確な目標を立て、謙虚に生きる?そんなの都合よすぎ?

  • さと さん

    二度目の読了。今回は 毎日少しずつ・・・。ミリオネアの言葉をしっかり刻み込むように読む。前回は今一つ意味が分からなかった部分が明確になったりしてますます厚みを増す。そして今日から再再読スタート。

  • Taiyo さん

    「笑うのは、金のない連中と決まっている」 この本すごいわ。ありがたい。感謝。

  • りえ さん

    小説みたいなサクセスストーリー。一般的な自己啓発本よりもわかりやすい。言葉の力はすごいと思った。マイナスなことは信じてしまいやすいのに、肯定的なことはなかなか受け入れられない。自分の限界は自分で勝手に決めていて、自分のイメージを打ち破るのは、言葉で復唱することだと納得した。

  • 村越操 さん

    小説形式の自己啓発本。具体的な行動方法と思考方法が明らかにされている。自分が勝手に限界を作っているというメカニズムを理解することで、やってやろうという気にさせてくれる良書。お金持ちになるということにこだわらなくても、なりたい自分になるという目的でも十分叶えてくれると思います。下手な自己啓発書より、具体的に何をすれば良いのか、教えてくれるので一度は読んでみたい本です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーク・フィッシャー

1968年生まれ。イギリスの批評家。ウォーリック大学で博士号を取得した後、英国継続教育カレッジ、およびゴールドスミス・カレッジ視覚文化学科で客員研究員・講師を務める。2017年1月逝去

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品