マーガレット・ワイズ・ブラウン

人物・団体ページへ

『おやすみなさいおつきさま』ができるまで

マーガレット・ワイズ・ブラウン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566007314
ISBN 10 : 4566007316
フォーマット
出版社
発行年月
2001年11月
日本
追加情報
:
18×21cm,1冊

内容詳細

アメリカに1000万人の愛読者を持ち、「暗闇を恐れる子どもに暖かい、安全な、魅力的な世界」を提供する、名作『おやすみなさいおつきさま』。その全編と作者の生涯、名作誕生の秘話を収録。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • モリー さん

    一冊の絵本に注ぎ込まれた熱量の大きさに驚きました。この本を読むまで、正直、ここまでとは思ってもみなかったからです。生み出す過程でも、イラストレーターと作家の間で議論が重ねられましたが、世に出た後も論争があり、この本の価値を認めない向きもあったとは意外でした。しかし、今では多くの親子に受け入れられ世界中で読みつがれています。この絵本で子供たちに読み聞かせしなかった事が悔やまれます。

  • 手を洗う♪みどりpiyopiyo♪ さん

    「子どもにも自分自身の場所が必要です。無条件に愛されていることが感じられる、ゆったりとした静かな場所が必要なのです。それは安定した自己意識を芽ぐむところであって、そうした安定感こそ、大人の世界が子どもに与えることのできる最高の贈り物です」■幼児向け文学の世界にエポックを画した人々の伝記です。1940年代のアメリカ、時代と共に変わる子供観と、芸術、文学、庶民文化、そして両大戦の影響などが合わさり、教育者、作家、画家、編集者、実業家らの情熱が交わり作り上げられた新しい世界だったのですね。益々好きになりました♪

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    毎年絵本の里大賞を受賞された絵本作家さんが来町され、絵本への熱い思いを聴く機会をいただいています(なんと恵まれた環境なんでしょう!改めて思います。)。こちらも慣れ親しんだ(と思っていた)絵本への熱い思いが伝わってきました。マーガレット・ワイズ・ブラウンとクレメント・ハードの生涯についても書かれています。登場するウサギが、ハードが人間バージョンを推していて2バージョン描かれていたとか、黒人の男の子を登場させようとしていたなど、1冊の絵本に込める思いにどう応えたらいいのでしょう?読者として読続けることですかね

  • ochatomo さん

    絵本(元本1947年 邦訳1979年)と解説「ブラウンとハードの生涯」の2部構成 おとぎ話ではない日々身近なものに思いを巡らす絵本ができるまで 2001刊

  • あるちゃ さん

    『おやすみなさんおつきさま』に心が安らかになるのを感じたので、その絵本ができるまでの絵本があると知って嬉しくなり手に取りました。一冊の絵本ができるまで、というよりは、マーガレット・ワイズ・ブラウンとクレメント・ハードの二人が、絵本を作るようになったきっかけといきさつのような内容です。既成概念なんてなんのその、いいと感じたものを信じて作るのみ。その気持ちと行動が今のステキな絵本たちの誕生の礎のひとつになっているんだなあ、と思うとともに、嬉しさとありがとうの気持ちを感じました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーガレット・ワイズ・ブラウン

1910年ニューヨーク生まれ。アメリカの児童文学作家、編集者

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品