マーガレット・ワイス

人物・団体ページへ

ドラゴンランス 1 廃都の黒竜

マーガレット・ワイス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784757708426
ISBN 10 : 4757708424
フォーマット
発行年月
2002年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
415p;22

内容詳細

波乱万丈の冒険、愛と葛藤、そして友情の壮麗なファンタジー。剣と魔法の世界・クリンを舞台に、ドラゴン卿率いる闇のドラゴン軍との過酷な戦いに挑む冒険者一行。本巻ではブラックドラゴンとの戦いを描く。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ミス レイン さん

    書店員時代の先輩が再読したがっていて気になっていたものを古本屋で大人買い。意外と困難は自然環境にあって、戦闘や謎については助けが出てくるため、あっさり読了。これからなんだろうなあ。今回は山の様な注釈は確認せずに読んだのだけど、一致団結とは言い難いメンバーを結び付けている五年前に何があったのか気になる。本としてハードカバーで価格もいいのに、誤植が多いのが残念。魔道士が魔道土になっている率高い〜。そして人物紹介画が重厚過ぎて、雰囲気には合ってるんだけど実際の物語の人物の言動と結び付き難い。特にタッスルホッフ。

  • suisen さん

    【★★★★☆】古典的な剣と魔法の世界観を求めて手に取ったのだが、すごく楽しめた。この作品の面白さはパーティのメンバーがよくある仲良し集団ではないところ。一応絆はあるものの、全員が個人主義でなかなか足並みがそろわない。彼らは屈強な冒険者ではあるものの完璧な存在ではなく、時に迂闊だったり情けなかったりする。その上敵がやたら強大で狡猾。一巻だけでも絶望的な危機に何度も追い込まれている。続巻もずっとこの調子なら、かなり読み応えのあるシリーズになりそうだ。

  • たぬきち さん

    久々の再読。5年前に何があったのか気になる。「セカンドジェネレーション」まで読んだはずなのになんだが、それすら記憶にない。今度は挫折せずに最後の外伝まで読みたい。

  • schazzie さん

    外伝である英雄伝を読んだのをきっかけに10年ぶりくらいに再読。やはり、ワイス&ヒックマンの筆による本編は面白い。ただ英雄伝を読んだ時にも感じたが、こんなに暗い世界だったかなと改めて思った。だから再読にも関わらずドキドキはするのに、ワクワクがなくなった。どのファンタジーでもそうだが、闇の勢力の横暴さは、今の自民党を見ているみたいで暗澹たる気持ちになる。

  • ʕ•ᴥ•ʔくまいわ さん

    中学生のころ読みました。当時の自分はTRPGもD&Dも知らなかった訳ですが、関係なく楽しめる一冊でした。レイストリンが格好いいですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーガレット・ワイス

十五年以上前はTSR社の編集者だった。住まいはウィスコンシン州にある

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品