ペンギンピート ひみつのぼうけん 講談社の翻訳絵本

マーカス・フィスター

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062831055
ISBN 10 : 4062831058
フォーマット
出版社
発行年月
2017年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
林木林 ,  
追加情報
:
24p;23X24

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 遠い日 さん

    「ペンギンピート」のシリーズ。ピートっていくつ?この巻ではまた子どもに戻ってる。別の巻では父親になっているのもあるよね。時系列はランダムなのかなぁ。今日は冒険の日。古ぼけた船の探検。船に居ついたねずみと友だちになるピート。海の話にははらはら、どきどき、わくわくがつきもの。

  • キーにゃん@絶対ガラケー主義宣言 さん

    ペンギンピートの絵本、なかなか出会わなくって、見つけたときは本屋さんで「わぁ」って声が出て(恥)。ピートは本当に良い子で、こんな息子が欲しいと思わずにいられない(いや、うちの子も良い子だが_(^^;)ゞ)

  • 2時ママ さん

    次女 小2 ひとり読み。

  • timeturner さん

    にじんだようなタッチが新鮮。でも、あのネズミ、ずっとひとりだったのかなと思うとせつなくなる。

  • たくさん さん

    海賊船幽霊船は男のロマン。ペンギンとねずみ仲良く楽しい。ピートねずみの仲間メスを連れてきたらいいのに。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーカス・フィスター

1960年、スイスのベルンに生まれる。高校卒業後、ベルンの美術工芸学校の基礎科に入学。その後、グラフィック・デザイナーとして、1981年から1983年までチューリッヒで働く。カナダ・アメリカ・メキシコを旅行ののち、帰国後はフリーランスのグラフィック・デザイナー、イラストレーターとして活躍している。1

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品