マリー・ホール・エッツ

人物・団体ページへ

モーモーまきばのおきゃくさま エッツの絵本

マリー・ホール・エッツ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784032010503
ISBN 10 : 4032010501
フォーマット
出版社
発行年月
1996年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
26cm,30p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 手を洗う♪みどりpiyopiyo♪ さん

    はるの まきばで、うしが くさを たべています。「モー。ムォォォー。なんて おいしい くさ なんでしょう。だれかに ごちそう してあげたいわ」 ■長閑で楽しい絵本を読みました。うしさんのパーティ、誰が来てくれるかな? ■小さい子には、自分と違う他者を想像するのは難しいよね。そんな中でも同好の仲間に出会うと嬉しい♡ エッツの絵本は、自然の姿をありのままにメルヘンに紡ぐのがいいよね。軽やかに心踊る絵も素敵。そして最後は心がほっこり温まるの。■むしゃむしゃにっこり、良かったね ( ' ᵕ ' ) (1958年)

  • ひ  ほ さん

    自然界のありのままの姿を伝え、用事の心の円満な成長を作者が願って書かれた絵本。そう思って読むと絵は優しいのにしっかりと現実を伝えられていて深い絵本だなぁと思いました。

  • mntmt さん

    平和なまきば。優しいピンク色が目に染みる…

  • みー さん

    今の時期にピッタリの絵本。エッツさんと言うと、「もりのなか」が有名だが、こちらもおススメ。今は派手な色彩絵本も多い中、当時の限られた色彩印刷技術で描かれる、当時の絵本も本当に素敵。心が落ち着くと言うか・・。自分とは違う価値観の人がいる事。そんな中で自分と同じ価値観の人と一緒にいられると楽しいと言う事。人は人、自分は自分。牛さんとは食べるものが合わないと去っていく動物たちも、それは事実。怒る事ではないのよね。でも最後のカケスの言葉もまた本心。無理せず付き合える友達が見つかるといいよねと思える絵本。

  • カラスノエンドウ さん

    牧場には美味しい草がたくさん生えています。牛は「だれかにごちそうしてあげたいわ」と、他の動物たちを招きますが、パーティーの雲行きは怪しくなり… エッツさんの描く牧場は、のどかで優しくて。牛さんたちの世界もあれば、かけすの世界だってあるのよねぇ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品