“妻”の歴史

マリリン・ヤーロム

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784766412376
ISBN 10 : 4766412370
フォーマット
発行年月
2006年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,506,39p

内容詳細

〈妻〉という概念のルーツはどこにあるのか。どのような〈妻〉らしさのパターンが、今日的情景に編み込まれてきたのか。過去と現在の照らし合わせから、新しい〈妻〉のイメージを描き出す。

【著者紹介】
マリリン・ヤーロム : スタンフォード大学女性・ジェンダー研究所上級研究員。ジェンダー問題に対する長年の業績が認められ、1992年フランス政府より「フランス政府教育功労賞」を受賞

林ゆう子 : 1989年よりフリーランス翻訳者。東京在住。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マリリン・ヤーロム

スタンフォード大学のInstitute for Women and Genderの上級研究員。1992年フランス政府より教育功労章を受勲。夫であり作家であるアーヴィン・ヤーロムと共にカリフォルニアに在住

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品