CD 輸入盤

交響曲第7番、シンフォニア・ペル・アンティジェニーダ、1つのテンポによる交響曲 アルメイダ&モスクワ響

マリピエロ(1882-1973)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8570881
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

マリピエロ:交響曲集第4集
アルメイダ&モスクワ交響楽団


イタリアの近代作曲家マリピエロ(1883-1973)は番号なしの作品も含めると、全部で17曲もの交響曲を書いています。ここに収録された第7番を書いたあと、彼は少しの間番号なしの『シンフォニア』を書くことで自身の思いを整理したと言われていますが、この第7番も随分変わった佇まいの印象的な作品で、とりわけ重厚な第2楽章はレスピーギ好きにも一度は聴いていただきたいところです。
 シンフォニア・ペル・アンティジェニーダとは古代のテーベのpiffero 吹き(木製のピッコロ)のシンフォニアの意味。複雑な構成の曲ですが、タイトル通りに笛が自由自在に歌うところが聴きものです。(ナクソス)

【収録情報】
マリピエロ:
・交響曲第7番『カンツォーネ風』
・1つのテンポによる交響曲
・シンフォニア・ペル・アンティジェニーダ
 モスクワ交響楽団
 アントニオ・デ・アルメイダ(指揮)

 録音時期:1993年5月、6月
 録音場所:モスクワ、モスフィルム・スタジオ
 録音方式:デジタル(セッション)
 MARCO POLO (8223604) より移行盤

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
50年ほど前には日本で入手できなかった憧れ...

投稿日:2018/06/04 (月)

50年ほど前には日本で入手できなかった憧れのマリピエロ作品が簡単に安く入手できるのはたいへんありがたいことです。しかも動画サイトでも簡単に聴けるという時代です。概ねイタリア近代の曲は自然体で聴ける曲が多く、ずっと自宅で流しておきたい気持ちです。ときどきはっとする響きが快いです。

テリーヌ さん | Hyogo | 不明

0

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド