マリコ・モリア・キシ

人物・団体ページへ

クートラスの思い出

マリコ・モリア・キシ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784898153222
ISBN 10 : 4898153224
フォーマット
出版社
発行年月
2011年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,305p

内容詳細

飢えたとしても、自分を貫く。古代人のように存在の深みから作品を生み出し、獣のように激しい「情」を持った画家・クートラス。最後の恋人が、彼の生涯を綴った、伝記にして芸術論、そして恋の物語。

【著者紹介】
岸真理子・モリア : 1977年に日本の画廊のパリ支店で働くため渡仏。クートラスと出会い晩年をともに過ごす。クートラスが遺言で指定した“包括受遺者”。本人が売ることも散逸させることも許さず、“Reserve de parton(親方の獲り方)”と呼んだリザーブ・カルトを含め、作品を保管している。現在パリ郊外在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぐっちー さん

    町の様子や部屋の中の色彩などが思い浮かぶ、画家の生活の断片たち。生没年を二度見してしまった。まだそんなに大昔というほど昔の話じゃないだろうに、今はすっかり生活は変わってしまったから。1人のアーティストの物語でもちろんクートラスの作品そのものも気になるが、彼の生き方やそのバックボーンがとても興味深かった。

  • りつこ さん

    才能に恵まれることと生きやすさとは反比例するのかもしれない。優しくてユーモアがあって女性にもてて友人に恵まれながらも、圧倒的な孤独感がクートラスにはあって、だからこそ作品がこんなにも素晴らしいのだろうし、だからこそ長生きはできなかったんだろうなぁ、と思う。収められたカルト、絵、デッサンがほんとうに素晴らしくて、展覧会があったら是非行ってみたいと思った。それにしてもクートラスが作者である真理子に投げた一言のなんと残酷なことよ…。

  • チェアー さん

    さみしがりやで、自暴自棄で。いつ死んでもいいと思っているのに、死ぬことは怖くて。自分の作品は自分以上に自分だから手放したくなくて。 自分の作品を分かる人はこの世にいないと思っていても、理解されたくて。 わかるとは言わない。言えない。しかし、ここにいてほしかった。

  • miho さん

    クレマチスの丘でクートラスの絵をみて、とても心惹かれるものがあった。ユーモラスのなかに、なんともいえない物悲しさがある。そのあまり幸せではなかった生い立ちのせいもあるのか、才能に溢れ、人を惹きつける魅力も持っているのに、不器用で孤独だったクートラス。絵を描くことは彼の全てだった。

  • べりょうすか さん

    ボヘミアンみたいに暮らし、心底愛したひとからは愛されなくて、孤独に死んだクートラス。だからこそこんなに美しい絵が描けたんだろうか。紙がなかったら切符の裏にでも描くと言った彼は芯から絵描きだったんだなぁ。なんだか私も掻き立てられた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品