マリオ・バルガス=リョサ

人物・団体ページへ

楽園への道 河出文庫

マリオ・バルガス=リョサ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309464411
ISBN 10 : 4309464416
フォーマット
出版社
発行年月
2017年05月
日本
追加情報
:
648p;15

内容詳細

女性は人類に入らないとされていた十九世紀半ばのヨーロッパで、虐げられた女性と労働者の連帯を求めて闘った革命家フローラ・トリスタン。芸術の再生を夢見て、家庭を捨てヨーロッパを捨ててひとり逆境に身をおいた。フローラの孫ゴーギャン。自由への道を求めつづけた二人の反逆者の波瀾の生涯を、異なる時空をみごとにつなぎながら壮大な物語として描いたノーベル賞作家の傑作。

【著者紹介】
マリオ・バルガス=リョサ : 1936年、ペルー生まれ。ラテンアメリカ文学を代表する作家。2010年、ノーベル文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • つねじろう さん

    いやあ凄い、凄い二人です。フローラ・トリスタンと孫のポール・ゴーギャン。一方は社会活動家で片方は画家です。でもこの二人の生き様は真の格闘家であると言っても間違いありません。徹底して理想を追い求める二人の半生をリョサの目で交互に語って行きます。行きつ戻りつ時間を無視したような語りに戸惑ったりもしますがすぐにその独特のリズムと世界観の虜になってしまいます。そうこの物語は楽園の話ではなくタイトル通りの向かう道の話です。でその楽園の場所が分かった時深い深い感動がやって来ます。別嬪で男前のフローラにぞっこんです。

  • さっとる◎ さん

    幾日の昼と夜を彼らとともに過ごしただろう。労働者も女性も「人」じゃなかった時代にその権利を叫んだフローラ。文明に背を向け原始の本能と芸術がない交ぜの失われた土地を求めたゴーギャン。「当たり前」に逆らう向かい風の日々だったね。たくさんの人がおまえたちの生き方に眉をひそめたしあからさまに嫌な顔をした。理解を得られることのほうが稀だったね。それでも探さなければいけなかったんだろう?辿り着いたと思っても楽園はまた次の角。そんなもの本当にあったのかな?でもひたすらにそれを求め続けたおまえたちを私は嫌いになれないよ。

  • 市太郎 さん

    再読。コケとフローラの楽園への道は境目を取っ払う事から始まる。あるいはそうなれと願うことから。特に男ー女の区別を無くすこと。彼らの楽園を探す旅は、それに終始していたようにも思えた。男女間の隔たりが無くなることはすなわち人間同士の偏見が無くなることかもしれない。役割が曖昧になることかもしれない。皮肉なことに彼らは誰よりも異性を憎み社会を避け続けた人間たちだった。そんな彼らの楽園は、僕たちが初めて見る光景だとは決して言えないものなのだろうね。この「楽園への道」を紹介してくださった読友さんには永遠の感謝を!

  • panam1927 さん

    ★★★☆☆

  • アドソ さん

    ノーベル賞受賞直後に発表された長編。その分厚さにたじろぎなかなか手にすることができませんでしたが、やっと。ゴーギャンについては「タヒチに行った画家」くらいの認識しかなく、そのお祖母さんにいたっては何も知らなかったな。時代と場所を越えて平行線をたどる組み紐のような構成はリョサの他作品にもよく見られるけれど、この作品は実在の人物をベースにしているだけに格段にわかりやすかった。伝記とも違いって人間の暗部も否応なく描いているところにリアリティがある。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品