マリオン・ジマー・ブラッドリー

人物・団体ページへ

ホークミストレス 下

マリオン・ジマー・ブラッドリー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784488690205
ISBN 10 : 4488690203
フォーマット
出版社
発行年月
1988年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
330p;15X11

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • でんか さん

    蔵書整理で再読中。少女の成長譚。男と偽って旅をしています。良い雰囲気だと思った相手は、彼女を少年と思って関係をつなごうとしただけで、女だとわかったら興味を無くした、というくだりがあって、ちょっとびっくり。それはさておき、最後の最後の展開はあんまりにも急でナゾでした。

  • ホレイシア さん

    このシリーズ、重要な小道具に「マトリクス」が使われていて、同名の映画がはやった後も、私にとってはこの物語につながる言葉です。

  • 鐵太郎 さん

    なんの力もないはずの少女が、人に頼らず自分の考えで自立して生きることを選び、時代の流れの中で鍵となって生き抜く。これはダーコーヴァのテーマなんでしょうね。モチーフは変わっても何度も繰り返されます。それもまた良き哉。(笑)  http://homepage2.nifty.com/Tetsutaro/Writer/B/B043.html#B043-019

  • 冬至楼均 さん

    余韻の残る終わり方。父と再会して和解するところも書いて欲しかった気がするが、あまりに弱っていて同情を買うほどだったのかも。

  • プルたん さん

    このシリーズで一番好きな本かな…。力をコントロールできない者の悲劇。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品