マリオン・クローフォード

人物・団体ページへ

王女物語 エリザベスとマーガレット

マリオン・クローフォード

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784622089414
ISBN 10 : 4622089416
フォーマット
出版社
発行年月
2020年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
287p;20

内容詳細

王位継承権第2位のヨーク公の第一王女、リリベット。将来エリザベス女王として位につくことなど、誰ひとり予想していなかった王女5歳の秋より、少女時代、青春の日々をともに宮殿に暮らした女性、“クローフィー”による回想録。

目次 : ご一家に加わる/ ロイヤル・ロッジとピカデリー一四五番地のお住まい/ ジョージ五世陛下の治世の終わり/ バッキンガム宮殿へ/ 国王陛下のご政務/ 開戦/ 「田舎の家」/ ガスマスクとパントマイム/ Vデーとロンドンへの帰還/ エリザベスとフィリップ/ ご成婚/ マーガレット王女の幼い甥

【著者紹介】
マリオン・クローフォード : 1909‐1988。スコットランド、イーストエアシャーに生まれる。エディンバラ大学モレーハウス教育学部卒業後、児童心理学者となる勉強を続けるかたわら、貴族の子女の家庭教師を勤めていたとき、国王の第二王子ヨーク公(のちのジョージ6世)夫妻に紹介され、1932年、二人の王女の家庭教師となる。エリザベス王女の成婚と時を同じくして、銀行支店長ジョージ・ビュースリーと結婚、家庭教師としての功労に対して、ジョージ6世よりケンジントン宮殿のノッティンガム・コテージに終生居住の権利を賜る。退職の翌年、1950年に著書『王女物語―エリザベスとマーガレット』が出版されたことで、王室との関係は絶え、コテージの権利も失った。スコットランドのアバディーンで引退後の人生を送り、夫の死から11年後の1988年2月にアバディーンの老人施設にて没した

中村妙子 : 1923年東京に生まれる。1954年東京大学文学部西洋史学科卒業。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 水無月 さん

    昔々、村岡花子が子供向けに訳したのを図書館で何度も借りて愛読していた。エリザベス女王と妹マーガレット王女の家庭教師だった女性の回想録だが、品格のある文章で未来の女王がどのように育てられたか深い愛情を込めて綴り、今時の暴露本とは似て非なるものだ。出版後に著者と王家との関係は断ちきられてしまうが、それを予期しつつ書いた著者の意図を悪く考えたくない。それほど楽しませてもらった少女時代の大事な思い出の本なので。勿論、経済的なことや長年私生活を犠牲にしてきたストレスがあったとは思うのですが。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マリオン・クローフォード

1909‐1988。スコットランド、イーストエアシャーに生まれる。エディンバラ大学モレーハウス教育学部卒業後、児童心理学者となる勉強を続けるかたわら、貴族の子女の家庭教師を勤めていたとき、国王の第二王子ヨーク公(のちのジョージ6世)夫妻に紹介され、1932年、二人の王女の家庭教師となる。エリザベス王

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品