マックス・ルケード

人物・団体ページへ

そのままのきみがすき

マックス・ルケード

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784264021179
ISBN 10 : 4264021170
フォーマット
発行年月
2003年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
32p;17

内容詳細

みなし子の5人兄弟が子どもだけで暮らしていることを知った王様は、5人を自分の養子に迎えることにした。みなし子たちは王様に素晴らしい贈り物をしようとするが…。多くの人に愛されてきた心あたたまる物語。

【著者紹介】
マックス・ルケード : アメリカで人気のある作家。とくに、ストーリーをもちいて深い真理を語ることにおいて群を抜く巧みさをもっている。テキサス州サンアントニオにあるオークヒルズ・チャーチの牧師でもある

セルジオ・マルティネス : メキシコ出身のイラストレーター。「ピーター・パン」「ピノキオ」「クリスマス・キャロル」など古典の美装版のイラストを手がけ、世界的に高い評価を得た(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ころりん さん

    大好きな一冊を、お休み前の読み聞かせ(笑)で再読。 今回もグッときたけれど、「王さまのことを本当は知らない人々」が、「王さまは、何か出来る子が大好き」「王さまに喜ばれる子にならなくちゃ」「王さまの家では、りっぱにふるまわなきゃいけないよ」と、思い込んで教えてしまう、というくだりがじ〜〜ん。 最後に、「また来るよ」とおっしゃった王さまの言葉が、何かもう一つの『大きな木』に通じる気もします。 そして彼女の「何もあげられない」に、「もう今までいっしょにいてくれたじゃないか。うれしかったよ」という破顔の言葉に涙。

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    マックス・ルケードとセルジオ・マルティネスのコンビといえば、『たいせつなきみ』シリーズで人間社会を舞台にしたみごとな社会表現で、私のお気に入りの作家たちである。 なんでヤングアダルト版なのかはよくわからないのですが、この絵本はパンチネロが実写版で登場した感じ。 エリは王様でしょうか。

  • 渓山行旅 さん

    ちょっとしんみり・・・静かにホワっと・・・そんな気分な絵本。人恋しいとき、いいかも。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マックス・ルケード

アメリカの牧師・人気作家。ストーリーを用いて深い真理を語ることでは群を抜く巧みさを持つ。英語版『たいせつなきみ』は1600万部が読まれており、全世界31言語に翻訳されて読み継がれているロングセラー絵本である

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品