マスカーニ、レオンカヴァッロ

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

マスカーニ:カヴァレリア・ルスティカーナ、レオンカヴァッロ:道化師 リニフ&グラーツ・フィル、アルド・ディ・トロ、他(2018、2019 ステレオ)(2CD)

マスカーニ、レオンカヴァッロ

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OC987
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


マスカーニ:カヴァレリア・ルスティカーナ、レオンカヴァッロ:道化師

1890年代から20世紀初頭にかけてのイタリア・オペラにおける「新しい潮流」となったヴェリズモ・オペラを代表する2つの作品。マスカーニの『カヴァレリア・ルスティカーナ』、レオンカヴァッロの『道化師』。どちらも楽譜出版社ソンゾーニョ社主催の1幕物オペラ・コンクールの応募作品で、『カヴァレリア・ルスティカーナ』は優勝作として初演、『道化師』は2幕物だったため規定から外れていたものの、作品のすばらしさが社長の目に留まり、結局トスカニーニの指揮にて初演。どちらも大好評を博し、その人気は現在も衰えることがありません。
 ここでグラーツ・フィルハーモニーを指揮し、迫真の演奏を披露するのは2020年までオーケストラの首席指揮者を務める女性指揮者オクサーナ・リニフ。ウクライナの音楽一家に生まれ、16歳から指揮を志し、2004年4月にバンベルク交響楽団により開催された第1回グスタフ・マーラー指揮者コンクールに3位入賞。2013年から2014年にはバイエルン国立歌劇場でキリル・ペトレンコのアシスタントを務めるなど才能を発揮、グラーツ歌劇場をはじめとした世界的な舞台で活躍する俊才です。ここではオーストラリア出身のテノール歌手、アルド・ディ・トロを中心とした多彩な歌手たちをまとめるとともに、オーケストラから重厚な響きを紡ぎだしています。(輸入元情報)

【収録情報】
Disc1
● マスカーニ:歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』全曲


 サントゥッツァ/エズギ・クトゥル(メゾ・ソプラノ)
 トゥリッドゥ/アルド・ディ・トロ(テノール)
 ルチア/シェリル・ステューダー(ソプラノ)
 アルフィオ/アウドゥン・イヴェルセン(バリトン)
 ローラ/マレイケ・ヤンコフスキ(メゾ・ソプラノ)

Disc2
● レオンカヴァッロ:歌劇『道化師』全曲


 カニオ/アルド・ディ・トロ(テノール)
 ネッダ/アウレリア・フローリアン(ソプラノ)
 トニオ/アウドゥン・イヴェルセン(バリトン)
 ベッペ/マルタン・フルニエ(テノール)
 シルヴィオ/ネヴェン・クルニッツ、他

 グラーツ歌劇場合唱団
 グラーツ・フィルハーモニー管弦楽団
 オクサーナ・リニフ(指揮)

 録音時期:2018年10月7,19日、11月21日、2019年6月7日
 録音場所:グラーツ歌劇場
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品