マシッティ、ミケーレ(1664-1760)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ヴァイオリン・ソナタ集 ジャン・アンドレア・グエルラ、ニコラ・ブロヴェッリ、ルイジ・アッカルド

マシッティ、ミケーレ(1664-1760)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
A111
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


マシッティ:ヴァイオリン・ソナタ

イタリアで全盛を極めた器楽音楽の流れがフランスにまで到達し、花開いた18世紀初頭、その中心的な役を担ったのが、ナポリからパリへ移り住んだ若きヴァイオリニスト、ミケーレ・マシッティでした。彼はここに長く住み、1704年から1738年までの間に9巻もの器楽曲集を出版し、この成功によりパリの音楽界で称賛を浴びてきました。フランスでは17世紀末まで、ルイ14世の国策もあってイタリア音楽には風当たりが強かったところ、マシッティはその後フランス人がイタリア音楽のとりこになってゆくうえで大きな貢献を果たした一人でもあり、とくにイタリア音楽を推奨したオルレアン公(ルイ14世歿後しばらく摂政をつとめた要人)に愛顧されたことからも、彼の実力と人気のほどが伺えます。その音楽は現在でも、当時のパリの煌びやかなファッションや、美しい絵の描かれたサロンの様子を私達に思い起こさせるものです。
 今回初めて録音される作品8のヴァイオリン・ソナタは、ナポリ伝統の情熱的な表現と、ロココ期のフランスならではの優雅さを併せ持つ、新たな味わいを私達に提供してくれます。(輸入元情報)

【収録情報】
マシッティ:独奏ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ Op.8(1731年パリ)より


1. ソナタ イ長調 Op.8-1
2. ソナタ 変ロ長調 Op.8-2
3. ソナタ ト短調 Op.8-5
4. ソナタ イ長調 Op.8-6
5. ソナタ へ長調 Op.8-7
6. ソナタ ニ長調 Op.8-8
7. ソナタ ト長調 Op.8-10
8. ソナタ イ短調 Op.8-11

 ジャン・アンドレア・グエルラ(ヴァイオリン/18世紀イタリア製、作者不明)
 ニコラ・ブロヴェッリ(チェロ/2016年クレモナ、マウリツィオ・ヴェッラ製〜1600年頃ブレシア、ジョヴァンニ・パオロ・マッジーニ製作楽器による)
 マッテオ・チキッティ(ヴィオローネ:1,2,3,6/2010年ピアチェンツァ、ヴァレンティナ・モンタヌッチ製〜1750年頃グアスタッラ、ジョヴァンニ・メッリーニ製作楽器による)
 ルイジ・アッカルド(チェンバロ/2015年ミラノ、フェデリコ・マスケローニ製〜1769年パリ、パスカル・タスカン製作楽器による)

 録音時期:2017年12月3-5日
 録音場所:イタリア、クレモナ、ピエトロ・パスキーニ音楽ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品