マイナビベガルタ仙台レディース
チケット受付中

マイナビベガルタ仙台レディース プロフィール

マイナビベガルタ仙台レディース | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

  • トップページ
  • プロフィール
  • 商品
  • トピックス
  • 動画
  • ユーザーレビュー
マイナビベガルタ仙台レディース

ベガルタ仙台レディース(ベガルタせんだいレディース、Vegalta Sendai Ladies)は、日本の宮城県仙台市をホームタウンとする日本女子サッカーリーグに所属する女子サッカーチームである。2017年シーズンよりマイナビとのパートナー契約により「マイナビベガルタ仙台レディース」の名称となる。

沿革

発足前

東京電力女子サッカー部マリーゼ(1997年創設。本拠地:福島県双葉郡楢葉町・広野町のJヴィレッジ(地図)が東日本大震災による影響で休部したことを受けて、2011年11月に日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するベガルタ仙台を運営する株式会社ベガルタ仙台がマリーゼの受け皿としてベガルタ仙台レディースを創設した。

発足後

2012年

スローガン:Challenge 〜新たなる挑戦! 共に前へ!〜

2012年(平成24年)2月1日に男子トップチームと同じく宮城県仙台市(地図)に本拠地を置いた「ベガルタ仙台レディース」として正式発足した。マリーゼからは所属選手を18人受け入れ、さらにセレクション合格者2名を加えた合計20名体制でスタート。また、シーズン中の7月3日に元U-20日本女子代表のMF川島はるなが加入、7月8日にクラブ初のプロ契約選手として震災当時マリーゼに所属していた日本女子代表のDF鮫島彩をモンペリエ(フランス)から完全移籍で獲得した。

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%