マイケル シェイボン

人物・団体ページへ

ピッツバーグの秘密の夏

マイケル シェイボン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784152076571
ISBN 10 : 4152076577
フォーマット
出版社
発行年月
1989年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
325p;20X14

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Alice@JazzCafé さん

    1988年に発表され全米でベスト・セラーとなったマイケル・シェイボンのデビュー作。恋と友情と冒険の三つが揃ったひと夏の青年の成長物語。恋に関しては、優柔不断なバイセクシャルである主人公のアートが実に厄介で、いろいろと問題の多い女性フロックスとホモセクシュアルの青年アーサーとの間で行ったり来たり。はっきりしない気持がもどかしい。そこら辺の葛藤が面白いところでもあったが、この恋の三角関係の話とクリーブランドとの友情の話が同時進行するので、小説の焦点を絞りにくくしていてちょっと消化不良気味。

  • satooko さん

    シュイボンの処女作。学生時代の作品で、版権獲得合戦が凄かったとか。ファザコン大学生が魅力的な同性愛の友人と独占欲の強い恋人との三角関係を描く。「ワンダーボーイ」同様映画化されたらしいが、日本では公開されなかったみたい。主人公はジョン・フォスター、同性愛者にマックス・ミンゲラ、父親にニック・ノルティ、恋人にミーナ・スヴァーリ,見てみたいな。

  • アッコ さん

    1988年に発表されたピッツバーグを舞台にした物語。この頃のアメリカでブームとなったゲイ文学である。物語の最初は若者たちの華やかな社交パーティーが描かれており、アメリカのブルジョワ家庭ってやっぱり金持ちですごいなぁと素直に感動した。物語が進むにつれ、そういうよそ行きの顔から、次第に彼らが抱える問題が明らかになってくる。マイケル・シェイボンの文章表現の華麗な技巧にも楽しめることができる一冊である。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マイケル シェイボン

1963年ワシントンDC生れ。現代アメリカ文学シーンで最も期待されている作家の一人。’88年、25歳でデビュー作『ピッツバーグの秘密の夏』を発表、絶賛を浴びた。以後コンスタントに作品を刊行、’99年にはO・ヘンリ賞を受賞、2000年の『カヴァリエ&クレイの驚くべき冒険』ではピューリッツァー賞(小説部

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品