シージ

マイケル・ラーク

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784864911931
ISBN 10 : 4864911932
フォーマット
発行年月
2015年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
196p;26

内容詳細

スクラル人の侵略を退け、一躍、時代の寵児となったノーマン・オズボーン。大統領の寵愛を受け国防の大役を任された彼は、シールドに代わる謀報機関ハンマーの創設、子飼いのスーパービランを集めた新アベンジャーズの創設など、自らの権力基盤を着実に固めていく。しかし、その一方でヒーロー達の抵抗は続き、オズボーンの計画には狂いが生じていく。この状況で己の地位を盤石とするには、スクラルに匹敵する新たなスケープゴートが必要だ。そう考えたオズボーンが目をつけたのが、オクラホマに現れた神々の都、アスガルドだった。善と悪が雌雄を決する最後の戦いが迫る中、戦場に三人の勇者が降り立つ。その名は…!ニューアベンジャーズ誕生に始まる怒濤のヒーローサーガ、ビッグ・スリーの降臨を得て、ここに完結!

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • IMY さん

    「ニューアベンジャーズ:ブレイクアウト」からアメコミに本格復帰した自分としては感慨のある一冊。ストーリーの流れを多くの翻訳本で見せてくれたヴィレッジブックスに感謝…なのですが、翻訳版だけでも全部フォローするのは金銭的に大変。だからこその達成感か。個人的なことはともかくキッチリと「アヴェンジャーズ大勝利 希望の未来へレディ・ゴーッ」でした。

  • ara_shinya さん

    ニューアベ結成からシビル・ウォー、シークレット・インベージョンを経てシージ。よくぞここまで邦訳シリーズを続けて刊行してくれました。出来る事ならシージ前の“ソーの帰還”“トニー・スタークの凋落”も押さえてほしかったかな…いや贅沢は言うまい、感謝。 シージ自体は割と短いシリーズなので、そのスケールにくらべテンポ良くチャッチャと進む印象。個人的にはクラシック・アーマーのアイアンマンの活躍が嬉しい。さて、そしてこの後はAVXですな。

  • kasukade さん

    セントリーどうしちゃったの?!マジかっこよすぎだし、セントリーがラスボスだったらアベンジャーズが束になってかかっていく意味がよく分かる。こんなことされちゃー前回や前々回のこのシリーズも買わなきゃいけないよ。それぐらい面白かったwセントリー最高★

  • アルカトラス さん

    気分爽快。スカッと爽やか。ダークアベンジャーズ・ニューアベンジャーズそれぞれのタイイン誌でそれぞれの詳細を早く知りたいものだ。そして待望のAvX。長い道のりだった。敬意を表したい

  • F4ふぁんとむ さん

    オールスター登場のこれぞアメコミ。ストーリーも単純明快ですっきり楽しめた。それにしても、オズボーンが悲しすぎるぞ。ダケン=駄犬とは気づかなかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品