マイクル・シャーマー

人物・団体ページへ

なぜ人はニセ科学を信じるのか Ufo、カルト、心霊、超能力のウソ

マイクル・シャーマー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784152082121
ISBN 10 : 4152082127
フォーマット
出版社
発行年月
1999年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
478p;20

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • C-biscuit さん

    一つ一つのニセ科学を順番に暴いていく本なのかと思い読み始めたが、まったく違う内容であった。懐疑主義から始まり、全般的に心理学的な要素が強かったように思う。科学もある条件で成立しており、万能ではない。科学を根拠に神のように振る舞うというか、霊などの超常現象を説明する手法をなどを暴いている。個人的には、大半はナチスのユダヤ人虐殺等のホロコーストについて描かれているような印象を受けた。海外の本であるが、意外な本で深く知ることができた。あまり覚えてもいないが、マルコポーロという雑誌も廃刊の廃刊も興味深かかった。

  • 焦げビスケ さん

    その状況下での人間の心理状態がよく分かった。

  • Takeshi Kaneko さん

    「トンデモ」というと科学系の話が主だが、本書は歴史修正主義も取り上げている。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マイクル・シャーマー

『スケプティック』誌発行人。懐疑主義協会理事。カリフォルニア工科大学で懐疑主義の一連の講義を主催。ロサンゼルスのオキシデンタル・カレッジで、科学史、技術史、進化史を教えている

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品