マイクル・コナリー

人物・団体ページへ

ラスト・コヨーテ 下 扶桑社ミステリー

マイクル・コナリー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594020019
ISBN 10 : 4594020011
フォーマット
出版社
発行年月
1996年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,321p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ケイ さん

    ボッシュ4作目。再読。全くのマザコン小説じゃないか(苦笑) ダメな美しい母は無条件に息子を愛する…か。話の二転三転、読めない人間関係、そしてボッシュの魅力がこのシリーズのロングランのキーだろう。そして、作者のコナリーが、様々なミステリを読み、様々な取材を行ってきた経験の裏打ちを感じる。この作品で持ち出される文学作品は、『トム・ソーヤ』(モーテルの名前でだが)。ニューオリンズが舞台の『ネオン・レイン』ジェイムズ・リー・パーク。今作ではラスベガスにフロリダも出てきて、本当にコナリーは南が好きなのね、と思う

  • Tetchy さん

    人の死の多い事件だった。マージョリー・ロウ殺害事件の真相を探っていくうちに現れる容疑者たち、関係者たちが次々と死んでいく。誰もが過去に隠した罪に苛まれて生き、いつそれが暴かれるかを恐れながら生きてきた。ボッシュが現れ、その時が来たと悟り、ある者は観念して、ある者は必死に抗い、またある者は更なる秘密を暴かれるのを防ごうとして死出の旅に発つ。過去に縛られ、過去を葬り去り、忘れさせようとした人たち。しかし同じく過去に縛られ、向き合い、克服した1匹のコヨーテ、ボッシュが最後に残った。これこそ人生なのかもしれない。

  • ずきん さん

    言いたいことは色々あるが(笑)結論として「むあー、面白かった!」ものすごくセンチメンタルな内省さにもかかわらず、真相解明への展開、挿される周囲の人物との関係変化のエピソードが上手すぎて、夢中で読了。ジャズの「抱かれたことがない猫」の例えで全てが腑に落ちた。わたしはタフなちょい悪ヒーローを求めていたんだなあ。その枠からこやつがはみ出す度にむかっ腹を立てていたというわけだ。正座させて説教カマしたくなるよなオッサンだと認識したとたん、むちゃくちゃ愛すべき男に変貌したよ、ボッシュ。愛なくしては怒りも湧かないからね

  • slider129 さん

    何故こんなに面白い本を品切れ状態にしておくのかなと不思議に思う第四作。しかもこの一編で第1章完結、と一括りできそうなくらいに、過去作のフラグ回収を完了した本作は最大のピークを迎えてしまった感がハンパない。次次作の「エンジェルズ〜」を購入済の為、まだ読み続ける意志はあるが、これ以上の物語がこの後あるんだろうかと思わせるほどの満足度でした。この入念に仕込まれた伏線の階層の重なりが後半に行くに従って幾度も覆されながらも真実(?)に辿り着く様を読者は目撃するのだが、果たしてボッシュの心の闇に光は差したのだろうか。

  • KAZOO さん

    後半は様々な人物が登場したり死んだりして最後まで目を離せませんでした。このような決着の仕方なのかとも思いました。やはり一匹狼的なハードボイルドですね。主人公はそんなにかっこいいのではないのですがなんとかいつも決着してしまう。年寄りになるとこのようなタイプの物語が好きになるのかもしれません。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マイクル・コナリー

1956年、アメリカ・フィラデルフィア生まれ。フロリダ大学を卒業し、フロリダやフィラデルフィアの新聞社でジャーナリストとして働く。手がけた記事がピュリッツァー賞の最終選考まで残り、ロサンジェルス・タイムズ紙に引き抜かれる

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品